スイス交通博物館・Verkehrshaus der Schweiz ( Luzern ) 〜レポート(4)〜

 1959年7月1日にオープンした「スイス交通博物館(Verkehrshaus der Schweiz)」は、2009年に50周年を迎え来場2700万人以上を記録している、スイスでも人気の博物館の一つです。

 この博物館は、鉄道・自動車/バイク・船・飛行機の四部の建物に分かれており、メインの建物の中には、様々な飛行機が展示されています。今回ご紹介するみどころレポートは「飛行機の展示エリア」です。

飛行機の展示

飛行機の建物の目の前には、実際に中に入って見学できる飛行機があります。

飛行機展示コーナー

飛行機の建物の中は、上にも床にも至る所に飛行機があります。

スイスの飛行機

もちろんスイス航空などの展示もあります。この黄色い飛行機の下には、パイロットの体験できるシュミレーションがあります。

写真撮影スポット

飛行機の建物を出ると、写真撮影ができるところがあります。

屋外にある子ども体験エリア

外には他にも子供が遊べるところがたくさんあります。

子ども向け体験エリア

メインの建物の前付近にも、子供が遊べるところがあり、この奥にはお金を入れて遊べるリモコンの船やトラックがあります。

工事現場

子供が遊べる工事現場です。小さなショベルカーも置いてあり、実際に乗ることができます。

レストラン

建物の中にはレストランもありますので、休憩の際にご利用いただけます。

<アクセス方法>
ルツェルン中央駅から、電車(S3又はVoralpenexpress)でLuzern Verkehrshaus下車。バス6・8・24番でVerkehrshaus下車。

 


コメントを投稿する