スイス交通博物館・Verkehrshaus der Schweiz ( Luzern ) 〜レポート(3)〜

 ルツェルン(Luzern)にある「スイス交通博物館(Verkehrshaus der Schweiz)」は、年間約80万人もの人が訪れる、スイスで最も来館者の多い博物館です。

 敷地は2万平方メートルを超え、鉄道、船、飛行機、自動車など交通に関するコレクションは約3000点。今回ご紹介するみどころレポートは「船の展示エリア」です。

大きな船の模型

船の建物の外には、大きな船の模型があります。横にも実際に乗れる船が展示されています。その周りを鉄道が走っており、実際に乗車することができます。

ゴンドラ

反対側の外の上には実際に乗れるゴンドラが展示されています。

エンジンの模型展示

建物入口すぐには、実物大の船のエンジンの模型があります。

救命ボートの展示

実際に乗れる救命ボートも展示されています。エスカレーターを上るとスキーリフトやゴンドラ他の展示があります。

<アクセス>
ルツェルン駅(Luzern)から、電車S3又はVoralpenexpressでルツェルン・フェルケールスハウス(Luzern Verkehrshaus)下車、バス6、8、24番でフェルケールスハウス(Verkehrshaus)下車。


コメントを投稿する