時計宝飾見本市 ( Baselworld 2017, Basel )~レポート~

 バーゼル見本市会場(Messe Basel)では、世界最大の時計宝飾見本市「バーゼルワールド( Baselworld 2017)」が開催されています。今回は、このバーゼルワールドに展示されている中から、おススメの時計をいくつか紹介します。

<みどころレポート >

ロレックス (Rolex)のシードゥエラー50周年モデル
ロレックスを代表するダイバーズモデルのシードゥエラーが作られてから50周年を迎え、新世代モデルになりました。初代モデルのように、「Sea-Dweller」の文字が赤いところが特徴です。
Masahiro Kikuno最新作
日本人として初めて独立時計師アカデミー(Académie Horlogère Des Créateurs Indépendants 、AHCI)に入会を認められた、独立時計師の菊野昌宏さんの新作「朔望 (さくぼう)」がこちら。月の満ち欠けを表すムーンフェイズが和の世界に溶け込んだ、渋い一本。菊野さんは手作りにこだわっており、歯車のひとつひとつまでご自身のアトリエで削り出しています。奥に並ぶのは2016年に制作された「和時計改」。
ウブロ (HUBLOT)のピンクスカル
ウブロの人気モデルであるビッグ・バン・コレクションのテーマは「フュージョン」で、毎回新しい素材とのコラボレーションで楽しませてくれる。今回は刺繍をほどこしたフェイスが特徴的なブロイダリーシリーズから、100本限定のシュガースカル・ホットピンクがお目見え。ザンクト・ガレン (St.Gallen)から広がったスイス刺繍とのコラボ。
ブレゲ (Breguet)の奥の深い航海時計
創業者が航海術や天文学にも優れていたため、ブレゲの時計は昔から驚くような技術が収められています。時計の裏まで美しい「マリーン・エクアシオン・マルシャント5887」というこのモデル、波のような美しいラインの装飾も目を引くのですが、毎日微妙にずれていく太陽の位置を正確に捉えるための針と通常の「時針」「分針」「秒針」の合計4本がついています。
<お問い合わせ>
Baselworld
MCH Swiss Exhibition (Basel) Ltd.
Baselworld CH – 4005 Basel Switzerland
Tel. +41 58 206 25 25
Fax +41 58 206 21 90
Mail: visitor@baselworld.com
サイト:http://www.baselworld.com/ (多言語対応)  
 

<アクセス>
所要時間:バーゼル駅 (Bahnhof Basel SBB)から約8分
バーゼル駅 (Bahnhof Basel SBB)からトラム2番バーゼルバディッシャー駅( Basel, Badischer Bahnhof)行きでメッセプラッツ (MessePlatz)下車。徒歩約1分。

** 当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので、予めご了承願います。

 

 


コメントを投稿する