バーゼル動物園 ( Zoo Basel, Basel )

開館日時1月〜2月 8:00〜17:30、3月〜4月 8:00〜18:00、5月〜8月 8:00〜18:30、9月〜10月 8:00〜18:00、11月〜12月 8:00〜17:30
休館日サイトでご確認ください。
最寄り駅Basel SBB
入館料大人25歳〜61歳21フラン、16歳〜24歳15フラン、子供6歳〜15歳10フラン、62歳以上19フラン*家族割引あり
住所Binningerstrasse 40, 4054 Basel
電話+41(0)61 295 35 35
メール
サイトURLhttps://www.zoobasel.ch/de/index.php (独・仏・英)
飲食施設
エリアバーゼル

 バーゼル駅(Basel SBB)から徒歩10分弱のところにある、1874年オープンのスイス最古の動物園(Zoo Basel)。欧州の動物園としては小さめの13ヘクタールの敷地ですが、スイスの動物園での飼育数は最多の628種、7017匹。生体の生息環境を再現する飼育施設のビバリウム(VIVARIUM)内で、魚貝類、爬虫類、両生類等を飼育しているのが飼育数最多の要因です。

 ドイツ、フランスの国境に近く、外国からの訪問者も多いので入園者は年間200万人以上で、国内最多。珍しいソマリノロバ、レッサークーズー、ヘイゲンバイソン、コルドファンキリンなども飼育しており各動物の敷地の殆どに池などの水場があり、緑も多く動物にストレスを与え難い作りです。

 行く時間やタイミングによっては隠れていて見られない動物もいるかもしれませんが、時間帯を変えて通ったり待っているとだいたい見ることが出来きます。

 特にこちらの動物園では、ユニークな混合飼育が多くインドサイとコツメカワウソとタイワンキョン、ナイルワニとコビトマングース、世界最大の総合住宅を作るシャカイハタオリとケープアラゲジリスとケープハイラックスとクロボタンインコとコザクラインコなど 大小様々な動物が一緒に飼育され異種の動物の関わり合い、距離の取り方、餌の種類などを見比べるのも大変面白いと思います。

 アクセスも便利で色々な動物のユニークな展示方や珍しい動物も見られるのでお薦めです。

バーゼル動物園・Zoo Basel ( Basel )〜レポート〜はこちら

<動物の餌の時間>

ビバリウム: 月・水・土曜日 15:00~16:00
ペリカン: 毎日15:30〜
カリフォルニアアシカ: 毎日16:00〜
ペンギンパレード: 毎日11:00頃
*冬季(11~2月)の気温が10℃以下の日
*キングペンギンとジェンツーペンギンが屋内飼育場のビバリウムから屋外に出てパレードを行い、その後、キングペンギンは屋外の飼育場へジェンツーペンギンは屋内に戻ります。このパレードは自由参加なのでその日によって参加するペンギンの数が変わることもあります。

<アクセス>
バーゼル駅(Basel SBB)から徒歩5~10分
バーゼル駅前(Basel, Bahnhof SBB)からトラム1番か8番で8~9分、ゾー・バッハレッテン(Zoo Bachletten)下車、裏門前に到着。
バーゼル駅前(Basel, Bahnhof SBB)からトラム10番で15分、バーゼル・ゾー(Basel Zoo)下車、正門前に到着。

** 記載されている動物の数、および種類は2016年現在のものです。
** その日の天候や動物の体調、動物園の行事の都合などにより、イベントの中止や時間変更になる場合がありますのでご了承ください。
** 動物の体調によりご覧いただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 


コメントを投稿する