スイス交通博物館・Verkehrshaus der Schweiz ( Luzern )

開館日時4月〜10月 10:00-18:00, 11月〜3月 10:00-17:00
休館日
最寄り駅Verkehrshaus
入館料30フラン
住所Lidostrasse 5、6006 Luzern
電話+41 (0)41 370 44 44
メールmail@verkehrshaus.ch
サイトURLwww.verkehrshaus.ch
飲食施設
エリアルツェルン

 ルツェルン(Luzern) にあるスイス交通博物館 (Verkehrshaus der Schweiz) は、年間約80万人もの人が訪れる、スイスで最も来館者の多い博物館です。敷地は2万平方メートルを超え、鉄道、船、飛行機、自動車など交通に関するコレクションは約3000点。体験型アトラクションやプラネタリウムなどもあり、ファンだけでなく、子供からお年寄りまで丸一日楽しむことができます。

 館内で最も広い展示スペースを占めているのが鉄道館、スイスの街を今も走り、市民や観光客の“足”となっているトラム。青と白の2色がトレードマークのチューリッヒのトラム(1939年製)やバーゼルの緑のトラム(1931年製)、レマン湖畔のヴヴェイ (Vevey)〜モントルー (Montreux)〜シヨン城(Château de Chillon)を走った屋根のないトラムなど、スイス各地で活躍したレトロな車両が数多く展示され、発展の歴史を学ぶことができます。

 ベルニナ線(世界遺産)を走るベルニナ特急や1996年の「鉄道125年記念」に運転され、鉄道ファンを沸かせた、ヨーロッパ最古の登山鉄道7号蒸気機関車(1873年製)もあります。

 ユングフラウ鉄道を走っていた木造車両の登山列車 (1898年製)や、世界一の急勾配を誇るピラトゥス登山鉄道の開業当時 (1889年) に走っていた蒸気機関車もあります。ほかにも、馬車や除雪列車、鉄道模型などが多数展示され、鉄道ファンでなくとも楽しめる施設です。

鉄道館を見終わったら、船、飛行機、自動車など交通に関するコーナーも盛りだくさんあります。交通博物館で丸一日楽しまれてみてはいかがですか?

<アクセス>
電車:ルツェルン駅からブルンネン (Brunnen) 方面行きに乗りVerkehrshaus駅下車。
バス:ルツェルン駅からは6番、8番、24番でVerkehrshaus下車

 


コメントを投稿する