ムゼック城壁メンリ塔 ( Maennliturm, Luzern )

 1386年に建てられ、今もなおルツェルン(Luzern)の旧市街にそびえ立つムゼック城壁(Museggmauer)。毎日多くの観光客が訪れているルツェルンの人気観光スポットでもあります。

 9つの塔のうち、冬の時期を除いて一般公開されている、時計塔(Zytturm)、シルマー塔(Schirmerturm)、メンリ塔(Maennliturm)、監視塔(Wachturm)の塔の中で2番に高い塔で、高さはおよそ33mあります。

 塔の名前となっている、「メンリ(Maennli / Männli)」というのは、スイスドイツ語で「小さい男の人」という意味です。塔内へは、洞窟のような薄暗い入り口を通って塔内に入り、狭くて急な階段を登って最上階へと目指します。

 展望台からの見える景色は、ルツェルンの市街、ピラトゥス山(Pilatus)、リギ山(Rigi)、エメラルドグリーンに輝くルツェルン湖=フィアヴァルトシュテッター湖(Vierwaldstättersee)、そしてアルプスの大自然の絶景スポットです。空気が澄み渡っている日には、山の尾根に残る雪やアルプス山脈までみえるでしょう。

 ルツェルン観光の際には、ぜひこの絶景を見にメンリ塔へ足をお運びください。

<所在地>
ムゼック城壁
Schirmertorweg, 6004 Luzern
website: http://www.museggmauer.ch (独)
公開期間: 4月1日〜11月1日

<お問い合わせ>
ルツェルン観光案内所
Luzern Tourismus AG
Zentralstrasse 5, 6002 Luzern
Tel: +41 (0)41 227 17 17
Fax: +41 (0)41 227 17 20
e-mail: luzern@luzern.com
website: www.luzern.com (多言語対応)

<アクセス>
旧市街からは何通りもありますが、一番分かりやすいのが、シュプロイヤー橋(Spreuerbrücke)を旧市街側へ渡り、数分歩くとムゼック城壁の上り口へとたどり着きます。

** エレベーターなどはないので、歩きやすい靴で行かれることをお勧めします。
** 2018年更新


コメントを投稿する