エーグル城 ( Château d’Aigle, Vaud )

 フランス語圏のヴォー州(Vaud)の人口およそ1万人の人たちが住む小さな街にエーグル城(Château d’Aigle)があります。

 小高い丘の上にあるこの城の歴史は、12世紀のエーグルの騎士一族に始まったといわれています。15世紀からは領主の居城となり、19世紀以降からはエーグル市が所有しています。

 城内には、中世の面影がまだ残っており、周辺を歩くことができるほか、ワイン博物館と地元ワインを味わえるレストランもありますので、お城の中を散策したあとはゆっくり休憩もできます。この地域はワインワインの名産地としてもよく知られており、ワイン博物館では、ワインの歴史や製法について知ることができるほか、道具などの展示品、そしてワインの香り体験できるコーナーなどがあります。*日本語のパンフレットあり。

 ワイン好きの方はもちろん、ぶどうの収穫の季節には、散歩しながら近くにあるワイナリーの作業の様子も垣間見れて楽しいです。

<所在地>
Château d’Aigle
Place du Château 1, 1860 Aigle

<お問い合わせ>
Leysin Tourisme
Route de la Cité 27, 1854 Leysin
+41 (0)24 493 33 00
info@leysin.ch
https://www.aigle-leysin-lesmosses.ch/ (仏・独・英)

<アクセス>
エーグル駅(Aigle)からバスでヴィルヌーヴVD駅(Villeneuve VD, gare)行きに乗り、エーグル・パレドマルシェ(Aigle, place du Marché)下車、徒歩8分。

** 2018年更新


コメントを投稿する