サン・ジョルジョ山

2018_Summer-7725-2“Monte San Giorgio”

スイスのティチーノ州(Ticino)の南部とイタリアのロンバルディア州(Lombardia)にあるルガーノ湖(Lago di Lugano)の横に位置し、標高1,097mのピラミッドの形をしたサン・ジョルジョ山(Monte San Giorgio)は、2003年に世界遺産に登録されています。2010年8月には、認定地域は化石発掘地域が全域となり、イタリア側にも拡張されました。三畳紀(2.45~2.3億年前)、陸地との間にラグーンとよばれる浅い海(堡礁)に生息していた爬虫類、魚類、貝類、アンモナイト、棘皮動物や甲殻類などといった多様な海洋生物の化石が最もよい状態で見られるほか、陸地の近くでは、爬虫類、昆虫や植物などの化石も発見され、この山と山周辺を豊かな化石資源また貴重な遺産とされています。

<参考サイト>
サン・ジョルジョ山財団
Fondazione del Monte San Giorgio
www.montesangiorgio.org

<お問い合わせ>
ルガーノ観光案内所
Lugano Turismo
Riva Giocondo Albertolli, 6901 Lugano
Tel: +41 (0)58 866 66 00
website: http://www.luganoturismo.ch/it/716/informazioni-turistiche.aspx


コメントを投稿する