ルツェルン難民の日 ( Der Tag des Flüchtlings )

6月20日は国連が定めた世界難民の日(World Refugee Day)ですが、スイスでは6月15日を、スイス「難民の日」と定めています。ヨーロッパの中でも多くの難民を受け入れているスイスですが、受け入れの賛否に関しては激論が交わされています。

ルツェルン(Luzern)の旧市街では、難民に対しての理解と支援を深めるため、難民の日(Der Tag des Flüchtlings)というイベントが開催されます。このイベントは、社会福祉の推進と募金・援助活動を行っている、国際NGO組織カリタス(Caritas)によって企画され、開催場所である旧市街の中心、カペル広場(Kapellplatz)には、各国様々な国からの伝統工芸品や郷土料理のスタンドが立ち並び、また、各国のミュージシャンによる演奏も行われます。このイベントを通して、参加する人たちの距離が縮まり理解も深まるのかもしれません。

Caritas
http://www.caritas-luzern.ch/ (独)

<開催日時>
6月13日
*時間については、サイトにてご確認ください。

<開催場所>
カペル広場
Kapellplatz, Luzern

<主催>
Caritas Luzern
Geschäftsstelle Soziale Integration Migration–Integration
Brünigstrasse 25, Postfach 6002 Luzern
Tel: +41 (0)41 368 51 00
Fax: +41 (0)41 368 51 01
e-mail: mail@caritas-luzern.ch

<アクセス>
ルツェルン駅(Luzern)からカペル広場(Kapellplatz)まで、徒歩5分。

** 当サイトは情報提供を目的としており、日程の変更および中止などに対し、弊社は一切責任を負いませんので予めご了承願います。


コメントを投稿する