タグ別アーカイブ: コラム

ビオラベルから読み取る〜自分に合った味、価値観と判断基準〜

column_top 店頭で様々なビオラベルを見かけても、瞬時に特徴を理解したり、自分に合ったものを選んだりするのは容易ではありません。そこで今回は、環境保全団体WWFなどが作成したビオラベル比較表に、各レベルから販売されている人参、牛ひき肉、牛乳、卵の価格を加えてご紹介します。

 比較対象となったのは、スイスで販売されているビオ食品と、環境福祉と動物福祉を配慮した非ビオ食品の合計31ラベルで、スイス国内なら簡単に手に入るものばかりです。

| 4段階評価
ラベルは、調査項目の合計点によって次の4つに分類されます。column_text_2

| チェック項目
次の各3分野で行われた調査項目ごとに点数をつけていき、合計200点中、何点獲得するかで評価されています。
  ここでは、31ラベルの中から「素晴らしい」と評価された全7ラベルと、野菜と肉製品を扱う16ラベルの合計23ラベルの特徴をご紹介します。参考として、ニンジン(1Kgあたり)、牛ひき肉(100gあたり)、牛乳(1Lあたり)、卵(1個)の価格を併記します。


1位 デリナート (Delinat)  171点・評価1
 ワインを専門に扱っています。これに認定されるにはEUやスイスでのビオ基準はもちろん、デリナートが設定しているさらに厳しい条件をもクリアしなければなりません。たとえば、肥料は動物由来のものを一切使用しない、などヴィーガン宣言もしています。条件は毎年更新され、ワインは社外の研究所で定期的に検査されています。かたつむりのロゴが目印。

2位 ナトゥラ・ビーフ・ビオ (Natura-Beef Bio) 170点・評価1
 ビオスイス(BIO SUISSE、7位参照)の厳しい基準に沿って生産されています。健康な母牛が選出される、子牛は母の元で育てられる、毎日放牧される、餌の90%以上が粗い飼料である、などの動物福祉の条件で多くが満たされています。

3位 ナトゥラプラン (Naturaplan) 168点・評価1
 最大手スーパー「コープ(Coop)」の自社ラベル。ビオスイスの厳しい条件をクリアしているため、ナトゥラプランとビオスイスの両方のロゴが表示されています。すべての評価領域で平均点以上を出している数少ないラベルです。
column_3
4位 KAGフライランド (KAGfreiland) 166点・評価1
 1972年設立のスイスで最も歴史のある動物福祉団体で、ビオスイスの基準に沿っていますが、畜産基準では最も厳しいと言われています。動物はすべて放牧されているなど、動物福祉の観点で高評価を得ているラベルで、最近ではウサギの屋外飼育で話題になっています。肉製品と卵を取り扱っています。
column_4
5位 ビオ・ナトゥア・プルス (Bio Natur Plus) 165点・評価1
 大手デパート「マノール(Manor」)が扱う、ビオスイスの基準の元に生産されているラベル。国内生産品も輸入品も同じ基準で評価されますが、なるべく国内生産品を販売し、南からの輸入品は取り扱っていません。

06_10_column_top-6366-2

6位 ビオ・ヴァイデ・ビーフ(Bio Weide-Beef) 163点・評価1
 大手スーパー「ミグロ(Migros)」が扱うラベル。ビオスイスの基準と、ミグロビオ(13位参照)独自の基準に沿って生産されています。動物福祉の視点ではビオスイスより高評価を得ており、夏、動物は1日8時間牧草地で過ごす、など細かい規定があります。
7位 クノスペ・ビオとクノスペ・ビオ・スイス (Knospe Bio und Knospe Bio Suisse) 161点・評価1
 スイスで最も大きい非営利団体「ビオスイス」が展開する2つのラベル。クノスペとは “つぼみ” を意味し、そのためロゴは緑のつぼみが描かれています。column_7

 クノスペ・ビオは、原材料の10%以上が輸入品で生産されています。とはいえ、使用されているのはスイスビオの掲げるビオ基準を満たした材料のみ。一方、クノスペ・ビオ・スイスは、原材料の90%以上がスイス産のビオの材料から生産されています。
8位 フィデリオ (Fidelio) 159点・評価2
 ビオスイスの基準を元に、肉製品を生産しています。動物福祉の観点も含め、平均以上の点数を獲得しています。動物(牛を除く)は毎日放牧され、集団で行動できるよう管理されています。非ビオ商品が多いですが、お肉屋さんなどではビオ商品が見つけられます。column_8

9位 デメター(Demeter) 158点・評価2
 ドイツのビオ農業協会で、その認定基準は世界一だとも言われています。シュタイナー博士が唱えたビオロギッシュダイナミッシュ(Biologisch Dynamisch)農法を正統に受け継いでいるのがこのデメター。ただ有機物を使用すればいいのではなく、生態系を考え、自然を知って生物の能力を最大限に引き出し、その恩恵に感謝しようという姿勢を持っています。column_9

10位 ナトゥアランド (Naturland) 144点・評価2
 ドイツのラベルですが、ビオスイスの基準を満たしており、ドイツにおけるビオスイスの草分け的存在でもあります。特筆すべきは水産養殖で、この分野では特に高得点を示しています。ミグロやアルナトゥラなどと提携しているので、各ラベルで製品を見つけることができます。*価格は、販売先のミグロやアルナトゥラによる。column_10

06_10_column_button
06_10_column_top-

| 自分自身に問いかけて、自分の判断基準を持つ

 様々な情報が飛び交い、多種多様な選択肢が溢れる中、信じられるのは「自分自身の感覚」なのではないでしょうか。商品を手に取り、食べてみて、どのラベルやどの商品が自分の体に合うのかを確かめることが、自分の健康を守る最善の方法になるともいえます。

 また、どのようなポリシーを持った生産者から商品を買いたいか、という視点もこれからの時代には欠かせない要素になりそうです。ラベルは自分が選んだ判断基準を確かめるためのシンボル。自分や家族の健康を守り、地球の環境を守っていくためにも、向き合っていきたい課題の一つです。

 

<情報提供・協力>
RZ_Logo_Pusch_pos_300Labelinfo.ch
Hottingerstrasse 4 211 8024 Zürich
www.pusch.ch
www.labelinfo.ch

263px-WWF_logoWWF Schweiz
Hohlstrasse 110, 8010 Zürich
www.wwf.ch

 

Bio Suisse
Website: www.bio-suisse.ch

※掲載されている価格は2017年5月時点の価格です。販売時期や店舗によって、価格が大きく変わる場合がありますので、予めご了承ください。
※掲載されている順位は、
牛乳、ひき肉、卵を取り扱う団体のみを参考にしています。ドライフルーツ、カカオや魚などの食品を扱う団体に関する情報については、上記のLabelinfo.chにてご確認ください。

編集:Yoriko Hess,Yuko Kamata
写真:Yuko Kamata


ビオ(オーガニック)の世界的ブームとスイスのビオ事情

swissjoho-biosuiss-5738-2

 2017年現在、世界の国の数は196ケ国で人口約73億人。病気や環境汚染から、人々の健康だけではなく地球をも守ることが課題とされています。そこで、食の安全面や栄養面、環境を配慮した結果ブームになっているのがビオ。今回は、世界とスイスのビオ事情をご紹介します。

世界的にビオ志向が高まっている
 2015年にFiBL(スイス有機農業研究所)が行った調査では、179ヶ国がビオ農場を持ち、ビオ農家数は世界で約240万戸、前年よりビオ農地の広さは14.7%増、ビオ農家数は7.2%増となっています。

 ビオ農地面積が広いのは、2位を大きく引き離して1位がオーストラリア、2位がアルゼンチン、3位がアメリカで、これは国土の広さも関係しているといえそうです。一方、ビオ農地シェアの高い国は、フォークランド諸島(35.9%)、リヒテンシュタイン(27.3%)、オーストリア(19.7%)でした。

swissjoho-biosuiss-5798-2

スイスでも高まるビオ意識
 FiBLによると、世界のビオ農地の約29%がヨーロッパにあり、ビオ農地シェアの高い国はリヒテンシュタイン、オーストリア、スウェーデン(15.2%)、エストニア(14.8%)に続き、ここスイスは11.7%で4位。ビオ農地を全農地の10%以上持つ国は世界で11ヶ国ほどしかないことから、スイスでのビオ需要の高まりがうかがえます。実際に消費量は過去10年増え続けており、国民1人あたりの年間ビオ商品消費量は世界トップの262ユーロ(*32,335円)となっていることも注目に値するでしょう。*2017年5月時点
swissjoho-biosuiss-5920

ビオ商品を買う理由、スイス人の目的は少し異なる
 ビオ商品は、安全性や健康を目的に生産・消費されていると言われていますが、スイス人の目的は、1番が環境保護、2番が動物保護、3番が健康のため。非ビオ商品と比べて少々高くてもビオ商品やスイス産(または地元産)を買う、という人が常に一定数おり、平均するとスイス国民の63.2%が月に数回、ビオ商品を購入している計算になります。健康のためにハイキングなどを行っている人が多いスイスですが、環境や動物への配慮からビオ商品を買う、という姿勢は特筆すべき特徴です。 

原点に戻り、ビオの定義とは?
 ビオとは、農薬や化学肥料を使わず、環境ホルモンや遺伝子組み換えも除いた有機栽培(オーガニック)を指します。人間にとっての「安全、健康、美味しい」という副産物ではなく、「植物や動物の免疫機能を維持・増強し、生態系のバランスを保つこと」が本来の目的。ただ、コスト(手間)がかかることと価格がアップすることは難点で、課題の1つだと言わざるをえません。

swissjoho-biosuiss

スイス最大のビオ団体 ビオスイス(BIO SUISSE)
 ビオ商品価格が非ビオ商品と比べて15〜50%高く設定されているのは、有機栽培農家への補償という見地から。このシステムを推進し、市場と品質の安定を図っているのはスイス最大の、有機農家による非営利団体ビオスイス(BIO SUISSE)です。緑のつぼみが描かれたロゴが目印で、「スイス国民の約90%が知っている」というアンケート結果が出ているほど、人々に浸透しているビオラベル。

 この団体は、設立された1981年より厳しいビオ認定基準を持ち、農地の環境だけではなく、生産過程や管理・処理方法、社会性や公平さなど、あらゆる角度からビオ商品をチェックし、それに付加価値をつけてきました。

ビオ農家のほぼ100%がビオスイスから認定を受けている
 スイスにある6000戸以上のビオ農家は、この団体に認定されています。また、スイスにある加工貿易企業(約890社)もビオスイスのライセンスを取得しており、加えて、独自のビオラベルを持つ小売業社もほとんどがビオスイスとライセンス契約を結んでいるため、どれもビオスイスの基準を満たしています。

 スイスのビオ商品市場の約60%のシェアを持っているので、デパートやスーパー、マーケットなどで緑のつぼみマークを必ず見かけることでしょう。

swissjoho-biosuiss-6003

ビオスイスの定義
 各団体が各基準を持っていますが、ビオスイスの基準は以下の通り。

  • 有機農場の自然多様性
  • 倫理的に健全な家畜の管理と飼育
  • 化学合成農薬や肥料を使用していない
  • 遺伝子工学を利用していない
  • 香料や着色料などの不要な添加物を使用していない
  • 食品・食材の乱暴ではない処理方法
  • 有機生産と加工の検査

 これらの条件を満たすよう、農地を最低2年はかけて有機栽培に適した状態にする、定期的に行われる検査に合格しないと資格が更新できない、など常にチェックが行き届いています。

スイスでビオ商品が安定して購入されている理由
 以上のように、厳しい管理下で生産されている、価格も高めなビオ商品。にもかかわらず、スイスでは安定した売り上げがあり、1人あたりにおける世界一のビオ商品消費量を誇るにいたるまで、何が功をなしたのでしょうか。

 それは、スーパーマーケット最大手のコープ(Coop)がビオ商品を積極的に販売し、「naturaplan」という自社ビオラベルを立ち上げ、全国展開している ことが大きな鍵となっています。スイス国内のビオ食品のうち47.8%がコープで販売されているというのは、どの駅にも1軒あるといっても過言ではないコープグループの店舗が販売しているからでしょう。

swissjoho-biosuiss-301554330

 コープだけではなく、最大手スーパーのミグロ(Migros)も独自ビオラベル「Migros BIO」を揃えており、スイス国内のビオ食品の25.6%が販売されてい ます。ビオ食品流通の内訳は、77.9%がスーパーなどの一般小売、13.2%がビオ専門小売、5.5%が農家からなどの直接販売、4%がその他。わざわざビオ専門店に行くのは敷居が高くても、いつも行くスーパーの棚にビオ商品が並んでいれば、手に取るのはたやすいかもしれません。

 また、ドイツ系ディスカウントスーパーのアルディ(Aldi)やリードゥル(Lidl)がビオ食品を低価格で展開していることから、「ビオは高い」という固定観念が取り払われたのも理由の1つといえるでしょう。

各ラベルには、それぞれ特徴があるのか
 スイスのビオ事情を垣間見たところで、6月のコラムではラベルごとに見られる商品の特徴や、品質・価格の違いを比較していきます。

colomn20170510_2

<協力・お問い合わせ>
Bio Suisse
Peter Merian-Strasse 34 4052 Basel
Tel: +41 61 204 66 66
Website: www.bio-suisse.ch

<参照元>
Institute of Organic Agriculture (FiBL)
www.fibl.org

編集:Yoriko Hess,Yuko Kamata
写真:Yuko Kamata

 

 


氷上の芸術「アート・オン・アイス」と特別インタビュー

  フィギュアスケート、ライブ音楽、光が織りなす華麗なこのショーは、スイスの冬を彩る一大イベントです。日本からは髙橋大輔元選手も登場し大観衆を魅了しました。今回はショーの様子とステファン・ランビエール元選手、サラ・マイヤー元選手の特別インタビューをお届けます。


スイスが発信するアイスショーのコンセプト

 アート・オン・アイス( Art on Ice、以下AOI)は1995年にチューリッヒで始まり、今年で22回目を迎える、ヨーロッパ最大規模のアイスショーです。オリンピックなどで世界的に活躍したフィギュアスケーター達が、競技では魅せきらなかった演技力と表現力で華麗にパフォーマンスします。

 音楽は世界トップクラスのアーティストがステージで大迫力のライブ演奏を披露し、それに合わせてスケーターが氷上を妖精のように舞うのが特徴です。

 そして、アクロバットを含めたパフォーマンスとライブをさらに盛り上げてくれるのが、会場のあちこちから差し込まれるライトです。プログラムの内容やスピード・リズムに合わせて飛び交う色とりどりのライトアップもまさにアート。

 AOIは単なるアイスショーではなく、「スケートと音楽と光が融合した氷上のアート&エンターテイメント」といえるでしょう。

| 2017年の見どころ

 「スピンの貴公子」の誉れ高いランビエール元選手に加え、2011年に現役を、2015年にはAOIをも引退したスイス出身のサラ・マイヤー元選手が希望されて叶った出場に観衆の熱い視線が注がれました。

 そして、私たち日本人にとって最高の演出、ランビエール元選手と髙橋大輔元選手の共演は、今年の見どころのひとつ。ランビエール元選手が振り付けを担当し、共演も果たしたことのある2人が息のあった美しいプログラムを披露してくれました。

 また、髙橋元選手はソロでもホームレスを演じました。落ちぶれてしまった悲哀や戸惑いなども十分に感じさせつつ、切れのある大胆で力強い、スピーディーな演技にスイス人の観客も大喝采でした。

 ランビエール元選手がファンを公言し、長年愛聴しているイギリス出身のジェイムス・モリソンさんの出演にも注目が集まりました。モリソンさんの歌声とその音楽に合わせた演技に、観衆は息をのんだり興奮したりと、様々な感情を呼び起こされたようです。

 地元スイスから出演したチューリッヒ・カマー・オーケストラ( Zürcher Kammerorchester、チューリッヒ室内管弦楽団 )の演奏は音に深みを与えてくれ、スイス人ロックギタリストのスレドゥ( Slädu )さんが奏でるエレキギターとの共演でも最高の盛り上がりをみせてくれました。

SwissJoho_Artonice-3131
| テーマに沿って繰り広げられるステージ

 今回のテーマは「ニューヨーク」。スクリーンに 色鮮やかなアメリカン・ポップの映像が次々と映し出されます。リンクの周りに設置されているスポンサーの広告スペースには電車が映し出され、それが何周もしているのを見ると、観客は自分たちがニューヨークの街角にたたずんでいるような気がしてきました。

 プログラムの内容も、ニューヨークにちなんだものが勢ぞろい。路上にいる道化師がコミカルな動きで笑いを誘い、街角でダンスにあけくれる若者たちがエネルギーを放ち、ニューヨークならではのネオンが会場を照らします。アメリカ出身のR&Bの女王チャカ・カーンさんのライブで、その雰囲気は最高潮に達しました。

| 観客を巻き込むステージセッティング「移動舞台」

 アーティストが演奏するメインステージから見ると、リンクは緩やかなカーブを描いた縦長。そのステージの向かいと両側の合計3つの座席エリアがあります。

 丸い突起が中央に突き出たようなメインステージと、その突起の両脇に円盤のような2つのステージがあり、この円盤が移動舞台。

 アーティストやスケートダンサー達を乗せた移動舞台はリンクの端から端まで滑り周りすべてのサイドに移動し、3辺で待ち構える観衆の期待に応えるのです。

 また、リンク間際の観客席周辺には小さなステージがあり、そこでもダンサーが踊ったりパフォーマンスを見せたりするので、ステージやリンクは常に動きを見せています。

 天井から降ろされたローブにつかまって踊るダンサーや、色とデザインを駆使し緩急をつけたライトアップ。

 このように観客に息つく暇をも与えない演出と、観客がスケーターやアーティストと一体となって楽しめるのがAOIの魅力です。

| 進化しつづけるアート・オン・アイス

 スポーツ選手、ミュージシャン、ダンサー、舞台監督など、それぞれが肩書きを持ってはいるものの、AOIという大舞台では全員がエンターテイナー。そんな彼らが演出するのは出演者の統一感と、競技では見せられないショーとしての芸術的な一面、そして、観客がエンターテイナーたちと一体になれる空間です。観客の期待や興奮を、毎年少しずつ上回るような演出で、人々を虜にしているのでしょう。

 1995年初回の入場者は約6500人だったこのショーが、今ではメインのチューリッヒの他、ローザンヌとダヴォスでも開催されており、約8万人を動員するほどになったのもうなずけます。

 ショーの後すぐに来年のチケット予約が開始され、良い席は即完売になってしまうAOI。2018年もスイス情報.comならではの握手会やインタビュー観覧、アフター・ショー・パーティーへの特別ご招待など各種イベントを企画していますので、そちらにもどうぞご期待ください。

| スイス情報.comが行ったインタビュー
◆読者プレゼント◆ 詳しくは特別インタビュー記事をご覧ください。

artonice_coloumn_1Art_on_ice_button copy

 

artonice_coloumn_2Art_on_ice_button copy

 

< 取材及び掲載協力・お問い合わせ >

AoI_2012_Axa_Schwarz_RGB
Art on Ice Production AG
Breitackerstrasse 2, 8702 Zollikon
+044 315 40 20
www.artonice.com

取材・撮影・: Yoriko Hess,Yuko Kamata
編集: Yoriko Hess,Yuko Kamata

 


冬の風物詩、スイスが誇るクリスマスマーケット5選

  国内外から多くの人々が訪れるスイスのクリスマスマーケット。雪が積もった山々や光り輝く湖、歴史的な美しい街並みが堪能できるロケーションに加え、4つの語圏では各地域によってそれぞれの文化や言葉、特産品、人々の生活や様子などが一度に楽しめる一押しのイベントです。 続きを読む 冬の風物詩、スイスが誇るクリスマスマーケット5選