カテゴリー別アーカイブ: 話題のニュース

スイスの結婚事情〜結婚にルーツは影響するか〜

20160817_kayoko_news_218
 日本ではあまり多くありませんが、移民や移住の多い国では、同じ国籍を持つ人でも両親の国の文化を受け継いで生活している人は多く見られます。  連邦統計局(BFS)の調査によると、両親の内1人がスイス生まれで自身もスイスで生まれ、そしてスイス国籍を持つスイス人

≫続きを読む

そこが知りたい!習い事とその費用

piano-78492_1280
 子を持つ親は本人の希望により又は親の意思のもとに習い事をさせるケースが多々ありますが、それは日本だけでなくスイスでも同じです。子供の望むままに習い事をさせてあげたいと思うものの、習い事の種類によっては財布を圧迫することにもなりかねません。スイスの経済紙

≫続きを読む

ミレニアル世代は趣味に興味なし!?

20160813_kayoko_news_216
 以前の話題のニュース「スイスのゆとり世代はバランス重視」で「Y世代」を取り上げましたが、この世代は「ミレニアル世代」とも呼ばれています。1980~2000年までに生まれ、幼少期からデジタル化された生活を送っているため、「デジタルネイティブ」とも言い、他の

≫続きを読む

そのお土産スイスに持ち込める?〜持ち込み禁止荷物〜

20160810_kayoko_news_213
 旅行先で買ったご当地ならではの食べ物や綺麗な工芸品、もしかしたらスイスには持ち込みが禁止されているかも知れません。今年はすでに約2,000人もの人がチューリッヒ空港( Flughafen Zürich)の入国審査で罰金を支払ったと報告されています。  イ

≫続きを読む

望まない妊娠と助かる命~匿名出産~

baby-499976_1280
 出産は今も昔も変わらず女性に取っては一大事です。特に諸事情により妊娠および出産について周囲の人達に知られたくない女性に取っては、待ち望んでいる女性と比べると心労はかなり大きいと思います。様々な諸事情により育てることのできない新生児を親が匿名で預け、預けら

≫続きを読む

チューリヒに住む中国人の増加

20160803_kumiko_chinese
 近年、どこへ行っても中国人観光客で賑わっていますが、チューリヒ (Zürich) に住む中国人も増えているようです。  インターネット検索では、チューリヒ市内で少なくとも32の中華レストランがヒットするとのこと。しかし、数の上で断然トップは伝統中国医学で、

≫続きを読む

今や流行はレンタルする時代

20160805_kayoko_news_210
 みなさんはファッションレンタルを利用したことありますか?日本ではブランド品のレンタルや、月額制で洋服が借りたい放題になったり、スタイリストが自分に合う洋服を選んでくれたりと、ただ服を借りるだけでなく、流行の服をレンタルするビジネス、ファッションレンタルが

≫続きを読む

是非、訪れたい!スイスの世界遺産

city-436302_1920
先月17日にル・コルビュジェの建築作品が世界遺産に登録されました。日本では上野の国立西洋美術館が登録されたことで日本でも大いに話題になりましたね。  スイスでは現在、文化遺産および自然遺産から併せて12カ所が登録されています。 1. ザンクト・ガレン修道院

≫続きを読む

小学校で習う言語、いくつが妥当か

swissjoho-4183
 スイスは、国語として四つの言語を使用しているので、学校教育で母語以外の国語を習うことはとても大切なことです。  チューリヒ州 (Zürich) はドイツ語圏なので、義務教育にフランス語、そして国際化の流れに伴い、英語の早期教育が導入されています。現在、小学校

≫続きを読む

世界初のホテルは屋根ナシ壁ナシ!?

20160730_kayoko_news_206
 東京では高級ホテルが続々登場しています。「赤プリ」として親しまれた「グランドプリンスホテル赤坂」の跡地にできた「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」のホテルも今月27日にオープンしました。インテリアやレストラン、スパ等にもこだわった最高級のホテルで、料金

≫続きを読む

所変われば~各国チップ事情~

swissjoho-5728
 日本人には馴染みのないチップ。間違えてたくさん渡したり、少なすぎて嫌な顔をされたりと、中々スマートに渡すことができない人も多いのではないでしょうか。スイス人も気になるのか、スイスの無料新聞「20min」で各国のチップについて紹介しています。  スイスでは

≫続きを読む

スイスで泳ぐ時に守りたい6つの規則

20160723_kayoko_news_201
 以前話題のニュースでスイスでは夏になると多くの人が川や湖で泳ぎを楽しむと紹介しました。泳ぐのが習慣になっているスイス人は寒い時にも泳いでいたりしますが、慣れていない人にとっては川や湖の遊泳はとても危険です。  今年は気温が高くなった6月中旬から7月初めの

≫続きを読む

必ず飲みたいスイスワイン~その2~

20160721_kayoko_news_199
 今回はスイスのビオワインについて紹介します。ビオワインとは、原料のブドウの栽培において有機農法で育成され、醸造過程においても様々な条件をクリアして作られた、自然派ワインです。  スイスではビオワインの製造も盛んです。特にピーヴィー種 (Piwi) と言う

≫続きを読む

必ず飲みたいスイスワイン~その1~

20160720_kayoko_news_198
 みなさんはスイス産のワインを飲んだことありますか?残念ながら生産数が非常に少ないため日本では数多くは流通していません。しかしながら、その歴史は古く、狭い栽培面積の中で厳しい品質管理の下作られたワインは良質で人気があります。  多言語を有するスイスらしく品

≫続きを読む

スイス人はコーヒー好き?!

coffee-171653_1280
 スイスでは、食後やティータイム等にはハーブティーや紅茶よりもコーヒーが好んで飲まれる傾向にあります。また、紅茶やハーブティーは病気の時に飲むものとしてとらえ、通常はコーヒーを愛飲していると言うスイス人もいるほどです。コーヒー豆を挽くミル付きのコーヒーマシ

≫続きを読む

次は唐揚げ!?大使館で紹介イベント

20160715_kayoko_news_195
 みなさんは揚げ物は好きですか?大好きな方は多いですよね。日本では、健康を意識して油を使わない、揚げない揚げ物も市場に出回っています。揚げ物の中でも今では家庭料理だけでなく、専門店もある人気の「唐揚げ」がスイスで紹介されます。  イベントは、大使館と機械メ

≫続きを読む

必見、旅行にぜひ持っていきたい薬

medical-992854_1280
 7月に入り「夏休みも目の前!」と言う方も多いのではないでしょうか。この時期、多くの方が国内外を問わずあちこちへ旅行されると思います。旅先で病気や怪我をした際に薬局や病院が近くになかったり、海外では言葉の壁があったり薬そのものが体に合わない等で、楽しいひと

≫続きを読む

体にいい!?真っ黒のパンが人気

20160630_kayoko_news_184
 日本では古くから炭は吸着効果があり、脱臭や浄水等に使われてきました。また、高い解毒効果は薬にも応用されています。  近年ではデトックス効果があると食べ物に混ぜる食用の炭やサプリメントも発売され、バーガーキングではパンだけでなく、チーズやソースも黒い「KU

≫続きを読む

ルツェルン観光に最大級クルーズ登場

20160625_kayoko_news_181
 スイスアルプスのパノラマやフィヨルドを楽しむことができ、様々な場所にアクセスできるルツェルンのクルーズは、観光客だけでなく地元の人にもとても人気です。その歴史はとても古く、1837年から蒸気船を運行しています。   新たに約14億円のクルーザーを航行する

≫続きを読む

タトゥーの店選びは慎重に

20160624_kayoko_news_180
 日本の銭湯や温泉では古くから「入れ墨の人お断り」が常識でしたが、増加する訪日観光客や国際的な文化的背景から入浴の制限をなくしたり、シールでカバーする場合は入浴を認める等、対応に変化が表れています。  スイスでもタトゥーを入れている人は多く、25才~34才

≫続きを読む

ハイランドキャトル逃走中!

20160622_kayoko_news_178
 スコットランドを代表する動物、ハイランドキャトル。長い体毛と立派な角を持った姿はなんとも愛嬌があり、スコットランドではぬいぐるみやポストカードがお土産として人気があります。寒さに強いので、スイスでも飼育されています。  グラウビュウンデン州 (Graub

≫続きを読む

美肌は馬のミルクで作る!?

20160621_kayoko_news_177
 肌に良いとクレオパトラや皇后エリザベートも愛用していたと言われている馬のミルク。その成分は人の母乳と似ていてビタミン、ミネラルが豊富で、不飽和脂肪酸やプロテインも多く含みます。そのため、肌の代謝を促し潤いを与える効果があります。  トゥールガウ州 (Th

≫続きを読む

日焼け止めは効果的に塗ることが大切

sun-791524_1280
 日差しが強くなるこれからの季節に欠かせないものと言えば、日焼け止め。毎日欠かさず塗る方も少なくないと思います。スイスは皮膚がんの割合がオーストラリアやニュージーランドに次いで高くなっています。  皮膚科医のベッティーナ・シュラーゲンハウフ (Bettin

≫続きを読む

人気のクラウドファンディングは?

20160618_kayoko_news_176
 みなさんはクラウドファンディングに参加したことはありますか?ネット上で寄付や資金を募り資金調達をするシステムですが、様々なサイトがあり今や世界中で行われています。  スイスでも2011年に比べると2015年には、クラウドファンディング全体の調達額は9倍に

≫続きを読む

山のチーズの歴史は2,500年!

20160609_kayoko_news_169
 チーズにはとても古い歴史があると言いますが、スイスの高地でのチーズ作りの歴史は明らかになっていませんでした。ところが、研究者達によってアルプスの高地で作られる山のチーズが先史時代から存在していたことが明らかになりました。  イギリスのヨーク大学 (Uni

≫続きを読む

未来の食事?液体食ブーム到来

20160604_kayoko_news_166
 みなさんは毎日どんな食事を摂っていますか?スイスでは一食分がパッケージにはいった液体食を利用している人が増えているようです。  液体食の販売を手掛けているオランダのクアル社 (Qual)によると、ヨーロッパでは食事の代わりにパッケージの液体食を摂る人が増

≫続きを読む

増え続けるゴミ問題への対策と現状

waste-424443_1280
 年々増え続けるゴミ問題に頭を抱えているのは、日本だけでなくスイスも同じです。もはや地球全体の問題と言っても過言ではない、ゴミ問題。  スイスでは、約30年ほど前から「ゴミを産出する人は、廃棄費用を負担すべきである」の原則の元、ほとんどの市町村にてゴミ袋の

≫続きを読む

アレルギーでも食べられるりんご登場

20160525_kayoko_news_158
   「一日1個のリンゴで医者いらず」といったことわざがあるように、リンゴにはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で積極的に取りたい食品ですが、口腔アレルギー症候群、いわゆる果物アレルギーのある人が食べると、喉の奥や唇、舌等に違和感やしびれ、かゆみ

≫続きを読む

高給でも途方もない額の支出に覚悟!

denmark-406180_1280
 スイスの経済紙Bilanzが、ヨーロッパの中でも生活費が高くつく街を発表しました。給料が高くてもその分、生活費、居住費や交通費がそれなりに高額になるため、これらの都市での生活には、分厚い財布とそれなりの支出への覚悟が必要となりそうですね。  第1位、2位

≫続きを読む

植物工場は未来の農業と成り得るか? 

20160520_kayoko_news_155
 最近日本のスーパーやコンビニでも見かけることが多くなった、工場で育った野菜。銀座の伊東屋の11階では栽培の様子を見ることができ、12階のカフェ&レストランでその野菜を食べることも出来ます。スイスでも水耕栽培は行われています。最近では大手スーパーのミグロ

≫続きを読む

スイスのベランダが変貌中

20160511_kayoko_news_148
 スイスの家と言えば、景観を大切にし、窓やベランダにゼラニウムやペチュニアなどの色とりどりの花が飾られたイメージがありますが、首都圏ではその景色が少し変わってきたようです。  今、人気があるのは、花を植える代わりにトマトやラズベリー等の栽培で、都市部でのガ

≫続きを読む