カテゴリー別アーカイブ: 話題のニュース

保険料滞納者のブラックリスト?!

20171118_midori_news_055
   皆さんもご存じの通り、スイスには日本の国民健康保険のような公的機関による保険制度はありません。しかし、スイスでは、基礎医療保険への加入が法律で定められており、全住民が各保険会社で決められた月々の保険料を支払う義務があります。    先日、スイ

≫続きを読む

売れ残ったパンが美味しいビールへ!

20171116_kayoko_news_544
 日本の農林水産省では、日本国民一人一日当たりの食品ロスの量が約お茶碗一杯にもなると試算しています。スイスの主食はパンですが、パン屋さんでも食品ロスは深刻な問題で、スイスのパン屋では約1/3のパンが売れ残ってしまっているというデータもあるそうです。  そこ

≫続きを読む

噴水を温めて、温泉にしちゃう!?

20171114_kayoko_news_542
 寒くなると恋しくなるのはやっぱり温泉、スイスでもそう考える人がいるようですが、なんと男性5人が、バーゼル(Basel)の街にある噴水を温水浴場にするという活動を行っています。  様々なプロジェクトを行う男性5人は、今年1月から4月までの間、同州に設置され

≫続きを読む

怖い!?オブジェ、ラップで巻かれる

20171111_kayoko_news_541
 浅草の人気スポット墨田川沿いのビルの上にある金色の雲をご存知ですか?今、その金色のオブジェがなくなってしまったとSNS上で話題となっているとか。これはアサヒビールの創業100年を記念してフランス人デザイナーが作った「フラムドール」という作品。実は色の塗り

≫続きを読む

「サンタ・ラン」ベルンで初めて開催

20171110_kayoko_news_540
 そろそろ街にクリスマスの飾りが出始めましたね。クリスマスに向けて、今年はこんなチャリティイベントに参加してみるのはいかがでしょうか。   これはイギリスで始まり、今や世界中で人気のチャリティイベント「サンタ・ラン(Santarun)」で、今年は日本の関東

≫続きを読む

築40年の団地に再び子供たちの声

20171108_kayoko_news_538
 スイスでの住居探し、みなさんもご存じの通り、特に都市部では価格も高騰し、リーズナブルな物件探しはとても難しいのが現状です。  そこでチューリッヒ(Zürich)市では、古い団地をリノベーションして活用する取り組みを行っています。先週、新たに生まれ変わった

≫続きを読む

スイス子供バンド、ユニクロのCMに

20171107_kayoko_news_537
 みなさんもご存じの衣料品専門店で、積極的なグローバル展開を行う株式会社ユニクロ(UNIQLO)、ヨーロッパでは英国、ドイツ、フランス、スペインで店舗展開中ですが、2020年には中国の店舗数が日本を超えるとか。  残念ながら、スイスにはまだ進出していません

≫続きを読む

ハロウィン、今年の仮装トレンドは?

20171102_kayoko_news_534
 10月31日はハロウィンでしたね。日本やスイスではハロウィンは伝統的なお祭りではありませんが、子供達を中心に多くの人が仮装を楽しんでいます。  無料新聞の「20min」によると、スイスでハロウィンの飾りつけや仮装がポピュラーになったのは、比較的最近で19

≫続きを読む

移民人口、前年比3%増の260万人

20171030_midori_news_050
 ドイツ、フランス、イタリアと3つの国に囲まれたスイス、多言語で外国人が多いというイメージがありますが、実際に移民の人口は毎年増加傾向にあります。  連邦統計局(OFS)で発表された「2016年度の移民人口に関する調査」によると、外国籍またはスイスに帰化した

≫続きを読む

エジプトの虐待ロバ、救出作戦!

20171027_kayoko_news_530
 スイスからエジプトへ旅行で訪れていたスイス人グループ、ギザ(Giza)のピラミッドの近くで彼らが見かけたのは、飼い主から虐待を受けて痩せ細った一頭のロバ。彼らはロバを助けるために、スイスへ連れて帰ることを決意したのです。  まず、彼らはロバの飼い主にロバ

≫続きを読む

エアビーアンドビーの税金、明確化へ

20171025_kayoko_news_528
 以前にも弊社のニュースでスイスの高級民泊について紹介しましたが、昨今、宿泊施設としてアパートや自宅の一室を貸し出す「民泊」が、仲介企業の大手エアビーアンドビー(Airbnb)を中心に世界中で利用されています。  急速に発展した自宅民宿ビジネスですが、これ

≫続きを読む

何歳まで子供と一緒に寝る?

20171024_kayoko_news_527
 日本では赤ちゃんの頃から親と一緒に寝る「添い寝」がほとんどで、小学生になっても親と一緒の部屋で寝ている子供も少なくありません。  その一方で、スイスを始め、欧米では小学生や赤ちゃんでも自分の部屋で一人で寝るのが一般的。しかし、最近、スイスで中学生になって

≫続きを読む

「新たな都市」生み出したのは日本人!

20171014_kayoko_news_521
 最近チューリッヒ空港を利用した方はご覧になったかもしれませんが、現在空港では巨大複合施設「ザ・サークル(The Circle)」が建設中です。また、ここはスイスで最も大きく美しい建築現場とも言われています。  ガラス張りの10階建てビル6棟が、弧を描くよ

≫続きを読む

外国人、スイスでどう思われている?

20171013_kayoko_news_520
 みなさんもご存じの通り、スイスで話されている言語は様々、またヨーロッパ各地からの移住者や難民の受け入れなど、人口に占める外国人の割合は、現在25%にのぼります。  このように多文化、多国籍という言葉をイメージさせるスイスですが、実際のところ多国籍の共存は

≫続きを読む

要注意!税務局からのメールは詐欺

20171012_kayoko_news_519
 インターネットのセキュリティ製品の開発と販売を行っているトレンドマイクロが、セキュリティ動向を分析した報告書「2017年上半期セキュリティラウンドアップ」を先月発表しました。  その調査結果によると、今年被害が拡大しているのは、コンピュータのロックやファイ

≫続きを読む

識字障害乗り越え、ノーベル賞受賞!

20171010_kayoko_news_517
 先日、2017年のノーベル賞受賞者が発表されました。ノーベル文学賞には日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれ、日本人も活動に参加している国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の平和賞の受賞も決まり、大変嬉しいニュースが続きましたね。  

≫続きを読む

3種チーズの「ラクレット」新登場!

20170930_kayoko_news_511
 スイスの冬の定番料理で知られるチーズフォンデュと並んでポピュラーなのが「ラクレット」。名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」でも、ラクレットを暖炉にかざして作るおじいさんの姿を見た方もいらっしゃるのではないでしょうか。  通常、「ラクレット」用チーズは牛乳か

≫続きを読む

石畳にもこだわる街づくり

20170928_kayoko_news_509
 普段何気なく歩いている道、じっくり観察してみたことありますか?ヨーロッパでも車が通るような大通りはアスファルトの道がほとんどですが、旧市街を歩くと石畳が多いのに気付きます。  石畳の歴史は、古くはローマ帝国までさかのぼり、その後ヨーロッパ各地へ広まりまし

≫続きを読む

ジュネーヴ、ミュージアムパスが登場

20170924_midori_news_039
 スイスには数多くの興味深い美術館や博物館がありますが、お気に入りの美術館には何度も訪れたいと思うことはありませんか。  先日ジュネーヴ(Genève)市がメディアに対して行った発表によると、「ジュネーヴにある16の美術館、博物館にて共通で使えるミュージアム

≫続きを読む

紙幣でトイレが詰まる、その原因は?

20170923_kayoko_news_506
 昨年、欧州中央銀行(ECB)が決定した、最高額500ユーロ紙幣(約67,000円)の廃止は、皆さんも記憶に新しいかと思います。その500ユーロ紙幣が、スイスの意外な場所で大量に発見されるという騒動が発生しました。  紙幣が見つかったのは、ジュネーブ(Ge

≫続きを読む

学校の送り迎え、車はだめ?

20170922_kayoko_news_505
 海外の多くの国では、子供の幼稚園や学校の送り迎えは義務となっているところが多くあります。スイスでも送り迎えをしている親を見かけますが、最近問題となっているのが「通学の送迎」です。  スイス交通クラブ(VCS)の最新調査によると、ドイツ語圏では6歳~9歳の

≫続きを読む

日本だけじゃない!空き家問題

20170920_kayoko_news_503
 日本では、所有者が分からなくなっている土地が増え続け、その規模は全国で九州を超える面積になると言われています。  一方スイスでも、マンションや一戸建ての住み手がなく、空き家になっている物件が2009年から8年連続で増え続け、今年過去最高を記録しました。

≫続きを読む

授業料一番高いのに、さらに値上げ?

20170908_kayoko_news_495
 世界的にも人気のあるスイスの大学ですが、公立の総合大学の授業料は、州政府が運営にかかわっているため、州により授業料が異なります。  スイスの大学の授業は、日本に比べると随分安いです。スイスで最も授業料が高い大学は、古く歴史のあるバーゼル大学(Univer

≫続きを読む

寄生虫!?が集める蜂蜜が大豊作

20170907_kayoko_news_494
 みなさんもご存じの通り、蜂蜜は花の蜜を集めてまわるミツバチが貯蔵した巣を加工したもの。花の種類によって味や特徴が異なりますが、食用はもちろん、薬用としても古くから活用されて来ました。  蜂蜜には種類も多く、効果など様々です。特にヨーロッパで人気が高いのが

≫続きを読む

浮世絵の影響を受けたスイス画家たち

20170905_kayoko_news_492
 日本政府観光局によると、今年7月の訪日外国人旅行者数は268万2千人となり、1ヶ月当たりの旅行者数としては過去最高を記録しました。そんな海外からの旅行者に向けて、日本の文化に触れてまた日本を訪れてほしいと、成田空港では、浴衣の着付けやお寿司のサンプル作り

≫続きを読む

スイスで長距離バスが人気上昇中

swissjoho_FlixBus
 通常、海外旅行をするとなれば、島国の日本からは飛行機や船などの移動手段を使うことが必須となりますが、陸続きのヨーロッパで海外旅行をする際は、車やバスで簡単に他国へ行くことが可能です。  ドイツの長距離バス会社「フリックスバス(Flixbus)」のメディア向け

≫続きを読む

年金いくらもらってる?~スイス編~

20170901_kayoko_news_490
 8月1日から日本の年金制度が変わり、受給のための加入期間が25年から10年に短縮されました。これにより、新たに年金を受け取れる人が約68万人増えると予測されています。一方で現在の年金受給の開始年齢は、60歳から65歳へと段階的に上げられ、今後もさらに引き

≫続きを読む

本当に安全?エナジードリンク

20170831_kayoko_news_489
 ここ一番がんばりたい時や試験の時など、みなさんはエナジードリンクを飲みますか?   気軽に購入できるため、スイスの若者の間でも毎日飲んでいる人もいるくらい人気があると聞きます。ところが、エナジードリンクはカフェインを多く含むため、多量に摂取してカフェイン

≫続きを読む

スイスの赤ちゃん人気名前ランキング

20170825_kayoko_news_485
 スイスで妊娠、そして子供が生まれてくる期待と喜びと共に、頭を悩ますのが「子供の名前」。 どんな名前にすれば良いのか、名付けで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。  さて、スイス統計局(BFS)が公表する「2016年赤ちゃんの出生統計調査」によれば、2

≫続きを読む

白バイ、48万円でお売りします!?

20170824_kayoko_news_484-2
 自分では「これはいらないな〜」と思った物でも、意外に欲しいという人はいるものです。最近では個人でも気軽にネットで中古品の売買が出来るようになったので、ネットオークションやフリマアプリを利用している人も多いのではないでしょうか。  スイスにも中古品の売買が行

≫続きを読む

難民向け教室で減らせ!水難事故

20170823_kayoko_news_483
 スイスには海はありませんが、毎年夏になると湖や川で水浴を楽しむ人たちで賑わいを見せています。しかし、川の流れが急に変わったり、湖も急に深くなる場所があったり、泳ぎに自信のある人でも注意が必要です。  さて、昨年に川や湖、プール等の水の事故で亡くなった方は

≫続きを読む

忘れても安心!ホテルの粋なサービス

20170822_kayoko_news_482
 皆さんは、旅先で忘れ物したことはありますか? もし、その忘れ物が子供が大切にしているぬいぐるみだったら、「ぬいぐるみがない・・・! 」と泣きわめいたり、しばらく機嫌をそこねてしまうかもしれませんね。  そんなぬいぐるみの忘れ物のために、アローザ(Aros

≫続きを読む

今「シュニッツェル」食べるならここ!

30170809_kayoko_news_473
 オーストリアの料理で外せないのが「ヴィーナーシュニッツェル(Wienerschnitzel)」。ヴィーナーシュニッツェルとは、北イタリアから伝わった子牛肉を薄くして揚げるもので、日本では「カツレツ」によく似た料理で知られていますね。  オーストリアのスタ

≫続きを読む

美容整形を受けたい少女たち

20170817_kayoko_news_479
 日本でも若い女性が二重まぶた等の「プチ整形」と言った簡単な施術を受けることが多くなっていると聞きますが、スイスでは日本よりも美容整形は一般的です。最近は特に若年化が進んで問題にもなっています。  美容整形外科医のシンシア・ヴォルフェンスベルガー(Cynt

≫続きを読む

意外に低い?スイスの喫煙率

swissjoho_bike-2
 日本では2020年の東京五輪・パラリンピックのための禁煙対策に向けて、厚生労働省が飲食店や公共施設なども含めた「原則禁煙」の制度案を公表しています。しかし、これに対し否定的な意見もあるため、今後の対策については未だ不透明です。  そんな議論が活性化する日本

≫続きを読む

ホテル稼働率トップは、温泉リゾート!

swissjoho-SwissHolidayPark Resort
 みなさんは、突然「温泉入りたーい!」と思うことありませんか?日本には都心にも天然温泉の施設があり、気軽に楽しむことが出来ますが、海外となるとなかなか難しいのが現状です。  ところが、温泉でほっとするのは日本人だけではないようです。2016年スイスのホテル

≫続きを読む

スイスでも「オレオレ詐欺」?!

20170813_midori_news_027
 高齢者の方を狙い、身内を装って、電話口でお金の振込を要求する、「オレオレ詐欺」。日本では何年も前から警察が注意を呼びかけてはいるものの、年々手口も巧妙化し、なかなか被害は減少していません。そのような状況の中、スイスでも先日、似たような事件が起こりました。

≫続きを読む