カテゴリー別アーカイブ: 話題のニュース

世界時価総額、欧州1位はあの会社!

Nestle_Hauptsitz_05
 先日、「世界で最も時価総額の高い会社」ランキングの最新版が発表されました。  日刊紙ブント(Der Bund)の報道によれば、栄えある第1位に輝いたのは、これまで時価総額世界一を続けてきたアップルから首位を奪還したマイクロソフト(Microsoft)。時価

≫続きを読む

2019年の法律・制度改正8選

20190101_chikabless_news_01
 新しい年を迎え、スイスでは一般市民の生活にも影響を与える様々な法律や制度改正が予定されています。具体的に何がどう変わるのでしょうか?無料新聞「20 minutes」によって選ばれた、日々の暮らしに関わりのある制度改正8選をご紹介します。 1.スイスの鉄道駅

≫続きを読む

2018年ワーストパスワードは?

20181231_midori_news_220
 早いもので、今年も残すところあとわずかとなりました。新しい年を迎える前に、ネット上で使用しているパスワードをもう一度見直してみるのはいかがでしょうか。  アメリカのセキュリティ会社スプラッシュ・データ(Splash Data)は、「2018年ワーストパスワ

≫続きを読む

KFC、飲み放題サービス開始

20181230_midori_news_219
 日本では、ファミレスチェーンやカラオケ店などでお馴染みのフリードリンクサービス。決まった料金を支払えば、好きな飲み物を何回でも自由に注ぐことができます。  スイスでは、これまでイケア(IKEA)のみが同様のサービスを提供していましたが、ファーストフードチェ

≫続きを読む

郵便局からゴミ袋が消える!

20181228_shimoda_news_71
 スイスの郵便局では、手紙や小包の郵送手続きはもちろん、様々な商品を買うこともできます。封筒やペンなどの文房具をはじめ、ぬいぐるみやお菓子、旅行ガイドブックやネックピローまで販売している所もあるのだとか。  しかし、来年から状況は変わってくる見込みです。スイ

≫続きを読む

教会、再利用でよみがえるか?

20181227_kayoko_news_721
 ヨーロッパではクリスマスに教会に行くのが習慣ですが、最近教会を利用している人が減り、クリスマスの風景も変わってきているようです。スイス統計局(BFS)の調査では、スイスでも特定の宗教を信仰しない無宗教の人が増えており、キリスト教信者は年々減少していること

≫続きを読む

世界に1本だけのクリスマスツリー

20181225_shimoda_news_69
 みなさんは、「みにくいアヒルの子」ならぬ「みにくいクリスマスツリー」のお話をご存知でしょうか。  主人公は、クリスマスイブに1本だけ残されたモミの木。枝もひしゃげて曲がった不格好なこの木は、人目につかないようにひっそりと森の中に佇んでいました。そこにある家

≫続きを読む

ベルンに猫カフェが登場するかも?

20181221_shimoda_news_68
 ゆったりとコーヒーを楽しむ人たちの間を、のんびりと猫が歩く「猫カフェ」。日本では2000年代初頭から広まっていますが、最近はロンドンやパリなど、ヨーロッパの都市でも次々とオープンしています。    その1つがドイツの猫カフェチェーン「カフェ・カッツェンテン

≫続きを読む

子どものプレイグループにも補助金支給

20181219_shimoda_news_67
 スイスには、2~5歳児を対象にした「シュピールグルッぺ(Spielgruppe、プレイグループ)」があるのをご存知でしょうか。その多くは午前の時間帯で、幼児教育の専門家がつき、少人数グループで歌や工作、体操、自由遊びを行います。  専業主婦やパートタイム勤

≫続きを読む

スタバの無料Wi-Fi、本当に安全?

20181207_shimoda_news_062
 寒い冬、カフェで過ごす時間も長くなってくる季節です。そんなとき、インターネットが使えると何かと便利ですよね。  スターバックスでは、飲み物などを注文すると、店内の無料Wi-Fiが使用できます。メールアドレスなどを登録する必要はありますが、手続きは簡単で、旅

≫続きを読む

機内メニューにチーズフォンデュ登場

20181206_kayoko_news_718
 旅先での楽しみの一つとして、その土地ならではの食べ物が挙げられますが、空の旅でまず最初に出会うのは「機内食」。他社との差別化を図るために、各航空会社ではサービスはもちろん、機内食についても様々な工夫を凝らしています。  日本航空(JAL)は、今月1日から

≫続きを読む

自然破壊、それとも宅地の高騰か?

20181129_kayoko_news_717
 最近、あちらこちらで見かける高層ビルやタワーマンションの建設工事。特に日本の人口は減少しているのにも関わらず、東京では大都市への人口集中化、都内では建築物の建設ラッシュが続いているとか。2015年度東京都住宅に関する統計では、新規建築物の数は7年前と比べ

≫続きを読む

スイスで売れている新商品はこれ!

20181122_kayoko_news_716
 昨年、スイスの市場に登場した新商品は、前年よりも442品多い6,381品だったとか。今年に入っても次々に新商品が発売されてきましたが、大手市場調査会社、ニールセン(Nielsen)は、2018年に新たに発売された商品の中で売り上げが高かった10商品を発表

≫続きを読む

フィットネスしながら粉をひく!?

20181120_shimoda_news_054
 スイスもいよいよ寒くなってきました。運動不足を解消するため、室内のジムに通う人もいることでしょう。今回は、一風変わったフィットネススタジオをご紹介します。  その名も「お野菜ロバ(GmüesEsel)」と名付けられたベルン市内のこの場所では、体を動かすこと

≫続きを読む

一番おいしい焼き栗スタンドはどこ?

20181116_shimoda_news_053
 スイスの秋から冬にかけての風物詩、焼き栗スタンド。小腹がすいたときや、手がかじかんで寒いとき、お腹も心もいっぱいに満たしてくれる街の焼き栗屋さんには、人が途切れることなく訪れます。  そんななか、チューリッヒの焼き栗スタンドを食べ比べする企画が、日刊紙ター

≫続きを読む

クリスマスの営業、延長はあり!?

20181115_kayoko_news_715_cut
 スイスだけでなく、ヨーロッパでは主要駅やガソリンスタンド、大きなショッピングセンターを除くほとんどの店が日曜や祝日には閉まり、クリスマスや年末年始は静かに過ごすのが当たり前でしたが、その習慣も徐々に変化しているようです。  大手スーパー、コープ(coop

≫続きを読む

ビオなのに遺伝子操作された鶏肉!?

20181114_shimoda_news_052
 スイスでビオ商品が好まれる風潮については、昨年の今月のコラムでもお伝えしました。しかし、先週、そのラベルに疑問符がつく出来事が起こりました。  スイス公共放送SRFの報道によれば、ビオ認定されている養鶏場で、なんと「遺伝子操作された」材料を用いたワクチン接

≫続きを読む

新生となるか、スイスで有名な山小屋

20181113_shimoda_news_051
 11月も半ばになり、秋のハイキングシーズンも終わりに近づきました。多くの山小屋やゴンドラは既に夏季営業を終了し、冬のスキーシーズンに備えています。  今年は、ある山小屋で歴史の1ページが閉じられました。それは、アッペンツェル(Appenzell)州にあるエ

≫続きを読む

ルツェルンにカプセルホテル登場!

20181109_shimoda_news_050
 日本で高度経済成長期に登場し、今や世界的に有名になったカプセル型の宿泊施設。ヨーロッパでは、ロンドンやウィーンにはあるものの、スイスには存在しませんでした。  それがついに、今月からルツェルンの街中に登場しました。その名もカプセル・ホテル・ルツェルン(Ca

≫続きを読む

マクドナルド、セルフレジ好調

McDonalds_Self_Ordering_Kiosks_3_highres
 大きな液晶パネルに直接タッチしながらメニューを選び、支払いを済ませることが出来るセルフレジ。レジの通過時間の短縮だけでなく、写真付きなので商品を選びやすいのも利点です。  日本でも、小売店やスーパーマーケット、飲食店などでのセルフレジ導入の加速が進んでいます

≫続きを読む

鉄道1等車、お得に乗る方法とは?

20181027_midori_news_192
 皆さんもご存知の通り、スイスの列車は1等車と2等車に分けられています。通常、2等車よりも1等車の方が値段は高く設定されていますが「Le Nouvelliste」の報道によると、場合によっては1等車の乗車券を2等車よりも安く購入できることがあるようです。  

≫続きを読む

ツェルマットの家賃、驚くべき高さ

20181024_shimoda_news_043
 世界中から観光客が訪れる村、ツェルマット(Zermatt)。マッターホルンの眺めや美しい街並みは観光客を魅了していますが、そこで働く人たちにとっては難しい問題があるようです。  その1つが、住宅問題。現在、ツェルマットの3.5部屋(2LDK)の平均家賃は月

≫続きを読む

飛行機の遅延、怒るのもやむなし?

20181018_kayoko_news_711
 飛行機は予期せぬトラブルや悪天候などの理由で予定通りに運航しないケースは珍しくありません。大幅な遅延でイライラしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。  遅延例として記憶に新しいのは、昨年夏、北海道の新千歳空港から出発する飛行機の大幅な遅延。

≫続きを読む

チューリッヒ湖の底に有害物質!?

20181017_shimoda_news_040
 日本では先日、東京都の築地市場が閉鎖され、新たに豊洲市場がオープンしました。移転をめぐり、地下の土壌汚染が大きな問題になったことを覚えている方も多いことでしょう。  スイスでも、チューリッヒ湖岸のウエティコン(Uetikon)の化学工場跡地に、カドミウムや

≫続きを読む