カテゴリー別アーカイブ: 小・中・高等学校・大学

スイスから学んだこと〜様々な発見と未来〜

swissjoho_study_abroad_6
 異質なものに触れたとき、人間は成長するとも言われています。今回は、弊社スタッフがスイスへ留学した日本人学生の帰国後に直接お伺いしながら、留学をしたからこその気づきや得たものをご紹介いたします。 異文化理解の楽しさ、難しさ  「知らない国、文化、そして人を理解

≫続きを読む

スイス大学留学〜スイス大学生の日々〜

Bibliothek Rechtswissenschaftliches Institut
 日本の大学生は、大学での勉強よりもバイトに明け暮れたり、サークル活動をしたりと、自由時間を満喫した後で就職活動に入ることが多いとされています。ここでは、チューリッヒの大学へ留学した日本人学生の体験をもとに、日本と異なるスイスの大学生の日々の一例をご紹介しま

≫続きを読む

スイス大学留学〜ホームステイから学ぶこと〜

swissjoho_study_abroad_2
  留学の明暗を左右すると言っても過言ではないのが「ホームステイ」です。ここでは、スイスの大学に留学した日本人学生の体験をもとに、ホストファミリーと気持ち良く生活するためのヒントや付き合い方、そして生活費などについてご説明します。 ホストファミリーとの生活  

≫続きを読む

チューリッヒ大学留学〜教育レベルと国際性〜

swissjoho_study_abroad_1
  教育レベルの高さとその国際性に魅力を感じ、スイスの大学に留学する生徒は後を断ちません。今回は、チューリッヒ大学を例にとり、大学の特徴や留学までの流れ、費用などについて、同大学に留学した日本人学生の体験談と事例を交えながらご説明します。 留学先の大学   国

≫続きを読む

スイスでの留学生活〜高校生と大学生の違い〜

swissjoho_study_abroad_9
  日本でも高校生と大学生とでは、お金や時間の使い方や活動の目的が異なってきます。ここでは、高校と大学を留学した日本人学生の体験をもとに、高校生や大学生としてのスイスでの食費や過ごし方、友達の作り方などについてご紹介します。 ホストファミリー生活とシェアハウス

≫続きを読む

スイスでの友達作り〜心を開いてくれるまで〜

swissjoho_study_abroad_5
  スイス人は少しシャイでなかなか友達になりにくい、と言われる反面、一度心を開いてくれたら長く付き合える、という評判もあります。ここでは、単独で留学した日本人学生の体験をもとに、スイス人と仲良くなるためのヒントをお伝えします。 電子辞書   電子辞書がスイスて

≫続きを読む

スイスでのカルチャーショックと言葉の壁

swissjoho_study_abroad_7
  どの国にも独自の文化や習慣があるため、カルチャーショックは誰もが体験する驚きかもしれません。ここでは、日本からスイスへ留学した日本人学生の体験をもとに、スイスならではの文化に触れつつ、その克服法の一例をご紹介します。 挨拶の違い  まず、「3回頬にキスをす

≫続きを読む

スイスの高校留学〜留学中の過ごし方〜

swissjoho_study_abroad_3
  教育システムだけでなく、文化や習慣も異なるスイスでは、日本人にとって珍しく、新鮮な発見があります。ただ、その国独自の生活習慣の違いは、学校の休み時間や放課後、そして週末の過ごし方からも垣間見ることができます。   ここでは、勇気を出して高校留学した日本人

≫続きを読む

スイスの高校留学〜1人で飛び立つ勇気〜

swissjoho_study_abroad_3
 スイスでの高校留学は、語学力、適応力やコミュニケーション力を伸ばし、高校卒業後に新たな可能性を与えてくれます。ここでは、勇気を出して高校留学した日本人学生の体験をもとに、スイスのどのような教育機関で、どのような授業を受けられるのか、そして留学方法や費用などに

≫続きを読む

小学校で複雑化する多言語

20170119_Naoko_Gengo_001_3
 夏休みが明ける8月中旬あたりから、スイス各地では新学年が始まります。スイスでは小学3年生(8~9才)になると、いよいよ外国語の授業が始まるんだと意気込んだり、不安を感じたりする子どもも多いことでしょう。今回はスイスでの「小学校で複雑化する多言語」について、

≫続きを読む

スイス式小学校〜自律と自己責任を学ぶ〜 (1)

primalschul_gebeude
  スイスの小学校と日本の小学校の違いに驚かされることはたくさんありますが、その驚きをまとめて言うなら、スイスの学校生活は堅苦しい式典や規定などがなく、個人が自由に判断する選択肢が多いことです。   当然ながら国が違えば教育システムは異なり、両国の教育の違いに

≫続きを読む

スイス式小学校〜自律と自己責任を学ぶ〜 (3)

swissjoho-education-4338
 スイスの小学校における「日本にあって、スイスにないもの」の最終回は、学校行事や給食、連絡網についてです。  全生徒を一律に扱わず、各個人の文化や考え方を重んじ、結果的に成人した際の自主性や自己責任、自律が育成されていく過程がうかがえます。 学校行事
 遠足は

≫続きを読む

スイス式小学校〜自律と自己責任を学ぶ〜 (2)

swissjoho-education-4336
  スイスの小学校における「日本にあって、スイスにないもの」の2回目は、学校での習慣・規律や、学校からの書類についてです。ここでも、スイスの学校が余分な習慣やシステムを排除し、本来の目的である学業と自律に向けて集中する姿勢を垣間見ることができます。 クラスで

≫続きを読む

子どもたちとメディア〜中学校の試み〜

swissjoho-socialmedia-1280
 近年、スイスでもデジタル機器やインターネット、メディア接触の低年齢化と長時間化が急激に進み、危機管理に対する関心も深まっています。  スイスでは10歳ぐらいからスマートフォンを所有する子どもも少なくなく、学校からもインターネットやPCでの作業を要する宿題が出

≫続きを読む

スイス公立中学校の学食代事情

swissjoho-school_lunch1
  スイスの各州にある学校では、日本のような学校給食がなく、各州ごとで昼食や昼の休み時間の取り方も異なります。今回はスイスの「フルブール州の公立中学校の昼食」について、スタッフの体験談や事例を交えながらご説明いたします。   フルブール州のある公立中学校では、

≫続きを読む

さすがスイスの中学校、1日に4カ国語の授業

swissjoho-timetable1
 スイスでは新学期が始まる日や休みも州ごとに違いますが、フリブール州(Fribourg)のフランス語圏にある中学校では、216年度は8月25日(木)が始業日でした。初日と二日目は、新年度に関する説明があるため、ゲームなどをしてすごし、週末明けから授業が始まりま

≫続きを読む

小学校で習う言語、いくつが妥当か

swissjoho-4183
 スイスは、国語として四つの言語を使用しているので、学校教育で母語以外の国語を習うことはとても大切なことです。  チューリヒ州 (Zürich) はドイツ語圏なので、義務教育にフランス語、そして国際化の流れに伴い、英語の早期教育が導入されています。現在、小学校

≫続きを読む

フリブール州公立小学校の授業参観

swissjoho_parents' day3
 フリブール州にある小学校、周囲を山々に囲まれた自然いっぱいのこの学校で4月に2年生の授業参観が開催されました。この日参加した親は、4名。仕事をしている方は途中からの参加でした。  今回参観した1時間弱の授業では、フランス語での読書、内容の解釈、先生との質問応

≫続きを読む