子どもが寝れない 〜夏の安眠対策〜

swissjoho_window_cut スイスの夏は日が長く日没も21時半頃。

 我が家の子どもは、19時頃からベッドに入り、絵本の読み聞かせなどををて寝かしつけますが、夏はカーテンを閉めたぐらいでは外の明るさで部屋の中も明るく、寝られる状態にありません。

 スイス人の義母から教わった方法は、独語でフェンスターラーデン(Fensterladen)と呼ばれる鎧戸を閉めて厚手のカーテンを閉めること。

 こうすることで19時台でも部屋の中は暗くなり、子どももスムーズに寝つきます。

swissjoho_window2_cut この鎧戸、スイス独語では シャッセ(Schasse)と呼ばれ、写真にあるようなタイプを指します。家によっては電動で上から降りてくるタイプもあり、こちらは シュトーレン(Storen)と呼ばれています。

 皆様は、明るい時間帯にスムーズに寝入るための工夫をどのようにされていますか。


コメントを投稿する