スイスでの支払い方法 ( PostFinance )

© PostFinance Ltd 2017
 今日のスイスでの支払いでは、ネットバンキングを利用する方も多いと思いますが、時にお家に送られてくる請求書は、A4サイズの明細書の下方部がその請求書になっていて、ピンクがかった長方形の紙切れの請求書、この請求書をどのように支払えばいいのか躊躇する方もいらっしゃるかと思います。

そこで、スイスでの主な支払い方法をご説明します。

郵便局や銀行での支払い方法
 郵便局や銀行で支払いたい場合には、その請求書部分を切り取って、持参します。しかし、数年前からスイス郵便局の窓口で支払いをする場合、請求主が手数料を支払うことになり、郵便局が手数料(2〜3フラン)を別途に請求主へ課すようになりました。

 ほとんどの会社は、その手数料を経費として扱っていると思われますが、例えば、クレジットカードの会社など、一部の会社は、この手数料を客(支払い主)に転嫁しています。

 無駄に手数料は払いたくない!そんな時は、ネットバンキングを活用しましょう。

オンラインバンキングでの支払い方法
 オンライン・バンキングにログイン後、請求書に印刷されている銀行番号、リファレンス番号、支払い金額や支払日を入力して作業は終わります。簡単なことではありますが、この「リファレンス番号」には、要注意です。毎月同じ番号という請求書もたまにあるにしてもほぼ毎回、30桁ほどの数字を打ち込まないといけないのです。番号には、何らかのチェックシステムが組み込まれているようですが、30桁の入力ミスがないか確認されることをお勧めします。

PostFinance-Mobile-By-Die-Schweizerische-Post_cutスマートフォン用のアプリ
 そこで、「リファレンス番号」をはじめ、銀行番号や金額の入力もしなくて良い支払い方法があります。スマートフォン用のアプリ「PostFinance Mobile By Die Schweizerische Post」です。

 スマートフォンのカメラで請求書のコードを写すと、アプリが読み込んでくれますが、セキュリティ上、スイス郵便局のアプリを使う際は、パソコンのブラウザと同様、毎回変わるコードの入力が必要です。将来、指紋認証ログイン機能の導入が待ち遠しいです。

<お問い合わせ>
スイス郵便局
https://www.postfinance.ch/

アプリ
https://www.postfinance.ch/en/private/products/digital-banking/postfinance-app.html

 


コメントを投稿する