ゴミ箱できれいな駅

今までなかったのが不思議ですが、スイス連邦鉄道 (SBB) は、約1年前に主要な5つの駅に分別のできるゴミ箱を設置しました。

 分別は4種類、ペットボトル、アルミニウム、紙、その他のゴミです。スイス連邦鉄道によると、当初はゴミの25%の分別が目標でしたが、年末までにはそれを大幅に上回る40%以上のゴミが分別されると予想しています。

 ゴミ箱を設置しただけで、駅だけでなく電車の中もきれいになったとか。ベルン (Bern) の駅では、電車の中のゴミが年末までに約37トンも減ると見込んでいます。同社の最新の利用者アンケートでも、「駅と車内の清潔さ」で過去最高の評価を得ました。

 スイス連邦鉄道 (SBB)は、この結果に大喜びで、利用客に感謝の気持ちを込めて10月20日 (火) には廃材から製作した楽器で地元の大学生によるミニコンサートをチューリッヒ ( Zürich) の駅で開催しました。

今後は1~2年かけてその他の駅にも分別できるゴミ箱を設置していく予定だそうです。


コメントを投稿する