スイスの伝統的チーズ料理・ラクレット

 

swissjoho-20

スイスの伝統的チーズ料理「ラクレット」はいかがですか?
いい色に焦げあがるラクレットチーズは、絶品です。

 スイスのチーズを使った伝統料理といえばチーズフォンデュが有名ですが、他にもチーズの断面を温め、溶けだしたところを削いで食べるラクレット(フランス語で「削るもの」)もお勧めです。

グリュイエール(Gruyères)のラクレット

 フリブール州にある古都グリュイエール、丘の上にある集落で毎年沢山の観光客が訪れる場所です。グリュイエールを観光するなら是非、グリュイエール城近くのスイス風ログハウス=シャレーそのものが店名となっているスイス料理専門店グリュイエールのシャレー『ルシャレー』で味わってみてください。

swissjoho-0779

グリュイエール産のチーズ

 グリュイエールチーズはここグリュイエール地方原産のチーズ、チーズフォンデュやラクレットによく使われるのでよく知られています。

swissjoho-0781

シャレー風の天井が高い内装も素敵

 例えばローザンヌのホテルで遅い朝食をいただいてからグリュイエール城までハイキング、グリュイエール観光をひと通り済ませ、大体夕方5時前にお店に入れば、まず空席は確保できるでしょう。スイスでは、夕食は6時以降とするレストランが多いのですが、そこは観光地。早い時間帯でも、既に仲睦まじくチーズフォンデュを食べているカップルの先客に出会うこともあります。

ラクレット用の取り皿とナイフとフォーク

 チーズフォンデュやラクレット料理の取り皿には、直径20cmほどのお皿を使うのが定番です。この店ではスイスならではの牛の絵が、観光気分を盛り上げてくれます。フォークはチーズフォンデュと兼用で、柄が長く細いもの。ナイフは溶けたラクレットチーズが取れやすいように、平らになっています。

swissjoho-21

セットされたラクレットチーズのブロック

 ラクレットは元々、暖炉の火で溶かしたチーズを削りながらいただくのが始まりでしたが、現代は、電気熱で温めるのが主流となっています。この店では写真のチーズブロックの直上、黒い部分にバーナーが設置されています。こちらのブロックで一人前(CHF29.50)。2人で1人分注文することもできます。

swissjoho-23

焦げ目がついたラクレットチーズ

 チーズが溶けて、お好みの焦げ目がついたらナイフで削いで皿に取ります。写真右下に見えるのは、ミニキュウリとミニタマネギのピクルス。日本人には好き嫌いが分かれる味かも知れませんが、ラクレットには欠かせない付け合わせです。

swissjoho-1-3

swissjoho-24

パンと茹でたジャガイモ

 通常、ラクレット料理はジャガイモと一緒にいただきますが、スイスでは出店で、ラクレットチーズを載せたパンが販売されていたりします。このお店では、好みでパンと食べることも可能です。一般的に小食な方でしたら、パンには手をつけなくても、ジャガイモと2人で1人前のチーズで十分にお腹がいっぱいになることでしょう。

swissjoho-1-2

 

店名:グリュイエールのシャレー『ル シャレー』
(Restaurant le Chalet de Gruyères)

住所:Rue du Bourg 53, 1663 Gruyères
Tel:+41 26 921 21 54
営業時間:11:00~21:00
休み:12月25日
URL:http://www.gruyeres-hotels.ch/

*表示されている情報及び価格は、2015年5月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。

 

 

 


コメントを投稿する