子供が欲しければソーセージはNG?

スイス人の大好物と言っても過言でない、彼らにとっての日常的なファーストフード、「ソーセージ」。

 アメリカのボストンにある大学が行った研究によると、ソーセージ、ハム、サラミやベーコンなどといった、言わば、肉の加工品は男性の生殖に大きな影響を及ぼすことが分かりました。

 これは2007~2014年に体外受精を行った141組の夫婦を対象に行われた調査であり、その結果によると、加工食品を多く接種していない男性はそうでない男性よりも、受精の成功率が高いということでした。

 しかし、専門家は「だからと言って子供を授かるために、全く加工食品を絶つ必要はない。必要以上に摂取しないよう心掛けることが大切である。」といっています。

 

 


コメントを投稿する