スイスで売られている生理用ナプキンあれこれ ( Serviettes hygiéniques )

旅行中は周期がズレることも
 旅行中などは普段と環境が変わり、月経周期がずれてしまうことがありますが、それが海外ともなると余計に焦ってしまいます。肌に直接触れるものはやはり使い慣れた商品がよいので、周期と関係なく持ち物に入れておくのが一番なのですが、うっかり忘れてしまったり足りなくなってしまうこともあるでしょう。

商品数の多い大手スーパーへ買いに行きましょう
 スイスでは一般的に、生理用品はミグロ(Migros)やコープ(Coop)などの大手スーパーマーケットで購入することができ、スーパーの自社ブランドを含め様々なメーカーの商品が手に入ります。主要駅には駅構内に薬局があり、そこで手に入ることも。

 スイスで販売されている紙ナプキンについてはメーカーによって多少の差はありますが、総じて品質・使い心地ともに日本の物とそう変わりません。旅行の際、急に必要になった場合でも簡単に現地調達できますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

20191017_megumi_servietteshygieniques_001_cut「ウィスパー」を愛用していた方は「オールウェイズ」を
 こちらでよく見かけるのは「オールウェイズ(Always)亅というシリーズで、「P&G」の略称でおなじみの大手日用品メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル社(The Procter & Gamble Company)が展開しています。

 「普通の日用(Normal/14個入り)」「羽つきタイプ(Normal avec ailettes/12個入り)」「夜用羽つきタイプ(Night avec ailettes/9個入り)」は、ミグロにて各2フランで販売されていました。

 非常に薄い造りですが、ドライメッシュシートがしっかりと経血を吸収し、表面をサラリとした状態に保ってくれます。日本国内では2018年に販売終了となってしまった「ウィスパー」にあたるシリーズなので、そのシリーズを使い慣れていた方は違和感なく使えそう。

20191017_megumi_servietteshygieniques_005_cutふんわりタイプは「モルフィナ」がおすすめ
 ドライメッシュよりも不織布タイプがお好みの方には「モルフィナ(Molfina)亅のナプキンがおすすめ。ミグロの自社ブランドのため、「普通の日用(Normal/16個入り)」が1.60フランと、他メーカーの商品に比べてお買い得となっています。

 日本ではあまり馴染みがないですが、モルフィナには個包装されていないタイプの商品もあります。写真のようにナプキンがむき出しのまま入っていて、下着に貼り付ける部分にのみ剥離紙がついています。32個入りで1.20フランと、個包装されているタイプよりもずっと低価格。ですが一つ一つにかなりの厚みがあるので、ピッタリとしたパンツを履くときなどは少し気になる方もいるかもしれません。

20191017_megumi_servietteshygieniques_007_cutエコ包装の商品が増えています
 モルフィナだけではなく、箱や袋にむき出しのまま複数シートが入っているエコ包装の商品はいくつかあります。エコ包装の商品の場合、中身の紙ナプキンやおりものシートが三つ折りではなく真っ直ぐな形状のまま重なって一列に入っていることが多いようす。万が一商品の説明がフランス語やドイツ語で読めないときでも、パッケージの形状からエコ包装かどうかを想像できるかもしれません。

 個包装されていないシートはあまり持ち運びに向かないので、自宅用や滞在先に置いておく用途に適しています。ご自分の予定を考えたうえで、ぴったりのものが選べるといいですね。

20191017_megumi_servietteshygieniques_004_cut粘着力の強さに戸惑う方は
 スイスの商品を使っていてひとつ戸惑ってしまうのが、日本のナプキンに比べて粘着力が非常に強いこと。激しく動いても下着からズレたりヨレたりしないという利点もあるのですが、取り付ける時に洋服にくっついてしまったり、取り替える時に粘着部だけが下着から離れず、ナプキンが破れてしまうことがあります。

 そんなときに試していただきたいのが普通のショーツ。日本でよく生理中に使われるサニタリーショーツの中布にはテープ部分がかなり強く粘着するのですが、通常の日に履くようなコットンショーツですと、テープ部分が下着の布に張り付きすぎずに、ナプキンを取り替えるときもスムーズにいきます。今まで海外の生理用ナプキンで困っていた、という方は、ぜひ通常の下着で一度試してみてください。

 ヨーロッパのランジェリーショップではあまりサニタリーショーツを見かけないのですが、そのような紙ナプキンとの相性もあり、使っている方がそんなに多くないのかもしれません。ナプキンだけでなくおりものシートなども粘着力が強い商品が多いので、取り替える際にはお気を付けください。
 
 旅行中も、みなさんが快適にすごせますように。

<購入先>
Supermarché Migros – Morges
Rue de la gare 19, 1110 Morges
+41 (0)58 573 57 00
https://www.migros.ch (仏・独・伊)

<参考サイト>
always
www.always.com (多言語対応)

** 購入した商品の価格は2019年10月時点のものです。販売時期や販売店によって異なる価格、または販売終了となっている場合もありますので、予めご了承ください。


コメントを投稿する