春休みおすすめ!ルツェルンの見本市

20190417_chikabless_news_47 今月26日〜5月5日の10日間、中央スイスのルツェルン(Luzern)で大規模商品展示会「ルーガ(LUGA)」が開催されます。

 巨大展示ホールや屋外の展示スペースには、地元企業を中心に約450社が参加。電化製品、家具、日用品、衣類、また地元産のチーズ、ワインといった食料品など、様々なジャンルの商品が所狭しと並びます。

 同展示会は今年で40周年。記念すべき節目に相応しい、10mものマイバウム(Maibaum、5月の木/長い棒に様々な飾りが付けられた町のシンボル)が会場に設置される予定です。

 希望者はマイバウム登りに挑戦でき、入場券を獲得できるチャンスが設けられているとか。そしてルーガ誕生の年である1979年生まれの人は、当日チケット販売窓口でIDを提示すると、入場料が無料になるキャンペーンも実施されます。

 スイス軍海外派遣団の養成所Swissintのブースでは、国際平和支援活動で実際に使用される軍車両の試乗が可能なほか、最新のVR技術を活用したバーチャルパトロールライドも体験できます。

 また、ルナパーク(Lunapark)と呼ばれる移動式遊園地をはじめ、動物と触れ合える広場(streichelhof)、子豚レース(Säulirennen)、体を動かして遊べる屋内遊び場「Knutwiler-Land」や1歳半〜8歳まで対象の託児所などなど、子ども連れでも楽しめる充実の内容です。

 ※4月28日と29日には、日本食品を扱う「DARUMA」のポップアップストアも登場予定。

 2018年度の合計来場者数は約11万5000人を記録する大盛況となっており、同見本市への関心の高さがうかがえます。今年も注目が集まる「ルーガ」、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 詳しいプログラム内容やチケット購入については、公式サイトをご覧下さい。

 


コメントを投稿する