駅での待ち時間に雑誌が読み放題?!

20190322_kayoko_news_735

 スイス連邦鉄道(SBB)は、今月から駅の待合室で無料で雑誌が読める粋なサービスを始めました。

 このサービスは、雑誌読み放題アプリ「ボヘメ(Bohème)」を使って様々な雑誌を読むことができるというもの。現在バーゼル(Basel)、ベルン(Bern)、ルツェルン(Luzern)、チューリッヒ(Zürich)の駅の待合室において、6月までの期間限定で試験導入しています。

 このサービスの導入を決めた理由について「乗り換えのために利用者は駅で約60分も過ごしており、その多くがスマートフォンを利用している」と、同鉄道会社のクリスチアン・ギンジッヒ(Christian Ginsig)氏が、無料新聞20minで明かしています。 

 その時間を有意義に過ごすために、同鉄道会社とドイツのスタートアップ企業ボヘメ デジタル(Boheme Digital GmbH)との共同で開発されたアプリ。無線通信のブルートゥースを介して、ユーザ登録なしで気軽に利用することが可能です。現在、アンドロイドとiPhoneの双方に対応。

 閲覧可能な雑誌はドイツを代表するシュテルン(Stern)、フランスの人気雑誌ガラ(Gala)、ファッション雑誌GQ、ヴォーグ(Vogue)などで、合計52種類も用意されているとか。 

 今回の試験期間の終了後、新たな雑誌の追加のほかにも、他駅や電車内でのサービスも検討していくと、ギンジッヒ氏は話しています。 

 ドイツの一部のカフェやレストランではすでにボヘメが導入されているとのこと。雑誌が読み放題だと、待ち時間も待ち遠しくなるかもしれませんね。

 

 


コメントを投稿する