氷河特急にプレミアム車両が登場!

20190319_chikabless_news_34 スイス屈指の山岳リゾート地、サンモリッツ(St. Moritz)からツェルマット(Zermatt)までの全長291kmを結ぶパノラマ列車「氷河特急(Glacier Express)」。世界一ゆっくりな特急列車ともいわれています。

 約8時間の優雅な旅では、291の橋梁と91のトンネルを通過し、心奪われる雄大なアルプスの絶景を楽しめるとして、世界中の観光客を惹きつけています。昨年の氷河特急の累計利用者数は、約23万3,000人を記録したという人気ぶりです。

 今月、この人気パノラマ列車に1等車よりさらに格上の「エクセレンス・クラス(Excellence Class)」が登場し、 日刊紙のターゲスアンツアイガー(Tagesanzeiger)がそのサービス内容を報じました。

 同紙によると、エクセレンス・クラスのチケットを所有するゲストには、駅で専用のコンシェルジュが出迎えてくれ、ウェルカムドリンクやワインやデザート、食後のコーヒー等を含む5コースの贅沢な食事が車内で提供されるとか。

 また車内にはこのクラス専用のバーラウンジ(Glacier Bar)も設置され、至れり尽くせりのサービス内容になっているといいます。

 座席は窓側に1席ずつ配置され、1車両わずか20席とゆとりの車内空間を実現。料金は1等車の乗車券の他に、エクセレンス・クラス利用料金が420フラン(約47,000円)かかります。

 まるで高級ホテルにいるような錯覚を起こす豪華列車の中で、ゆったりと、贅沢な鉄道の旅を楽しめるでしょう。氷河特急が誇る新プレミアム車両、ぜひ一度は体験してみたいですね。

 


コメントを投稿する