オンライン予約する人の割合は?

20190316_midori_news_251

 マーケティング会社「ローカルサーチ(localsearch)」が、公式サイト上で先日発表した統計調査によると、スイス人の約65%は、ここ3ヵ月の間にオンライン上で美容院やレストランなど、何らかの予約をしていたことが明らかとなりました。

 そのうちの29%は、「ウェブ上で定期的に予約をしている」と回答。すでにオンライン予約をしたことがあると回答した人の半数以上は、「将来的には、より頻繁に行うと思う」と答えました。

 男女別で見ると、男性(73%)の方が女性(57%)よりもオンライン予約する割合が多いことが明らかに。さらに、地域別でも違いが見られ、イタリア語圏(57%)、フランス語圏(60%)よりもドイツ語圏(67%)の方が、同割合が高くなっているとのこと。

 さらに、年代別で見ても大きな違いが見られ、18歳〜25歳の若年層はウェブ上で予約する割合が81%であったのに対し、46歳〜55歳では、その割合が60%、66歳〜74歳だと49%に。

 反対に「ウェブ上で滅多に予約しない」、または「絶対にしない」と回答した人のうち、最も多かった理由は「直接、人とやり取りをしたいから」で86%でした。

 予約内容については、最も多かったのはレストランの席予約、次いで美容院、3番目が病院となりました。

 スマートフォンやタブレットの普及、店舗や病院のデジタル化に伴い、今後ますますオンライン予約をする人の割合が増えていくかもしれませんね。

 


コメントを投稿する