フェデラー、凄さがわかる驚愕の実績

20181031_chikabless_Swiss Indoors column_004 2019年2月25日から3月2日にアラブ首長国連邦のドバイで開催された、男子テニスATPツアー500「 ドバイ・テニス選手権(Dubai Duty Free Tennis Championships 2019)」。

 同大会を制したのは、スイスが誇るテニスの王者、ロジャー・フェデラー選手(Roger Federer)。今季初勝利となり、ジミー・コナーズ元選手(Jimmy Connors)に次ぐ史上2人目となる通算100勝目達成の快挙を成し遂げました。

 スイス公共放送(SRF)は、テニス界に数々の金字塔をうちたてたフェデラー選手の100勝にまつわる驚きの実績を公開しました。

  • 2001年2月4日の初優勝から100勝目までに要した日数、6601日(18年1ヶ月)
     
  • ミラノでの初優勝以降、平均2か月に1度優勝している
     
  • ツアー優勝ゼロは、怪我の治療への専念を理由にツアーを離脱した2016年のみ
     
  • 最多優勝は2006年の12勝
     
  • 同年、決勝で宿敵ラファエル・ナダル選手に4度敗退
     
  • 最多優勝地、スイス・バーゼルのスイス・インドア、ドイツ・ハレのゲリー・ウェバー・オープンで其々9回
     
  • ツアー大会で優勝回数31回
     
  • 35度にわたるタイトルの防衛に成功
     
  • 100勝は19ヶ国に跨がり、国別最多は米国の22勝 ※100勝の内訳、ATP250、500は47勝
     
  • グランドスラム(4大大会)、ATPファイナル、マスターズ1000など格付けの高い大舞台で53勝を挙げている
     
  • 生涯獲得賞金 1億2000万ドル(約135億円)
     
  • 過去決勝戦で50名の対戦選手のうち、25名は既に現役引退
     
  • ラファエル・ナダル選手より20勝、
    ノバク・ジョコビッチ選手より27勝も多く勝っている

     

 どれも信じられないような記録ばかりで、フェデラー選手の強さを裏付ける数字となりました。

 37歳を迎えてもなお第一線で活躍し、テニス界を牽引するフェデラー選手から今後も目が離せません。

 

 


コメントを投稿する