スイスのリゾート地、家賃はいくら?

20190302_midori_news_245

 インターネット比較サイト「コンパリス(Comparis)」は、スイス国内のリゾート地における平均家賃を調査、公式サイト上にてその結果を先日発表しました。

 同社の報告によると、国内のリゾート地の中では、グラウビュンデン州サンモリッツ(St-Moritz, Graubünden)の家賃が最も高く、4.5部屋以上のアパートの家賃は月平均3,590フラン(約40万円)、3〜4部屋だと平均2,400フラン(約26万5千円)となりました。

 サンモリッツの平均家賃は同州の平均家賃よりも高く、スイス国内で比較的家賃が高いことで知られるジュネーヴ州(Genève)、チューリッヒ州(Zürich)とほぼ同額であることが明らかとなりました。

 このような家賃の高さから、同地では3年前から200以上の賃貸物件が空き家となっているのだとか。さらにここ40年間で人口が1,000人程減少し、現在では住民数5,000人となっています。  

 また国内2番目に家賃が高いのは、ヴァレー州ツェルマット(Zermatt, Valais)。こちらは賃貸物件数よりも居住希望者数が上回るため、常に空き家はないとのこと。次いで、同州のヴェルビエ(Verbier)、クラン=モンタナ(Crans Montana)が続く結果となっています。

 今回の調査で、外国人観光客にも人気のあるサンモリッツの家賃が最も高いことが分かりました。しかし、今後、空き家問題や人口減少が続く場合、家賃が下がる可能性もあるかもしれませんね。

 


コメントを投稿する