郵便局によるパンの配達サービス?!

20190217_midori_news_240

 朝起きて新聞や手紙を取りに郵便ポストへ行ったら、朝ご飯用のパンも一緒に届けられていた…。そんなことが実現したら、どんなに便利なことでしょう。これが近い将来、スイスで現実のものになるかもしれません。

 実は、今年の2月からスイスポスト(Swiss Post)がベルン市(Bern)と、その周辺地域に住む顧客の自宅へ毎朝パンを届けているのです。

 今回、同社が開始したパンの配送サービス「Brot-Post」は、地元のパン屋アイヒェンベルゲール(Eichenberger)と共同で行われています。パンを自宅まで届けて欲しい場合は、パン屋の公式サイトで事前の予約が必要です。予約の際に配達の回数と曜日、好きなパンの種類やサイズも選ぶことが出来るとのこと。

 これは、近年の配達量の減少を食い止めるために講じた対策で、同社はプレスに対し「過去10年間で、郵便物の数は3分の1近く減った」と公式サイトで説明。今後、この配送サービスを行いながら、事業の活動、および従業員の雇用の維持を図ろうとしています。

 なお、現在は地域限定の試行段階とのことですが、郵便局によるパンの配送サービスは、もし同サービスの評価が高まれば、パートナーを増やしてスイス各地に広めていく可能性もあるそうです。    

 今回のスイスポストによる新たな試み。スイス各地へ広まって行くかどうか、今後の展開に注目ですね。

 


コメントを投稿する