【バレンタイン2019】本命にあげたい!高級スイスチョコレート特集

Valentaine_top 2月14日は街が愛で溢れるバレンタインデー。大切な人へ想いを込めて、チョコレートを贈る方も多いのではないでしょうか。

 スイスにはリンツ(Lindt)、カイエ (Cailler)、ショコラ・フレイ(Chocola Frey)、レダラッハ(Läderach)など、世界中で愛される数々のチョコレートメーカーが存在します。

 そんな世界有数のチョコレート大国、文字通りの本場から、スイス情報.comが厳選してご紹介する高級スイスチョコレート。贈られたお相手が喜んでくださること請け合いです。

目次
  1. 大切な人に愛を伝える、バレンタイン
  2. 本命の彼には何をあげよう?
  3. あげるなら絶対スイスチョコレート!
  4. スイスで有名なチョコレートメーカー

【おすすめ高級スイスチョコレート6選】

  1. リンドール ギフト ボックス
  2. リンドール クラシック ギフトボックス
  3. リンツ チョコレート&焼き菓子ギフト
  4. リンツ トリュフ ギフトボックス
  5. リンドール リボンギフトボックス
  6. ミニプラリネ ハート
  7. お得な特典やサービス
  8. 最後に…
| 大切な人に愛を伝える、バレンタイン

Valentaine_car 古代ローマを起源に持つバレンタインデー。今日、世界各地で習慣となった様々な祝い方の根底には「大切な人に愛を伝える」という共通の想いがあります。

 日本では「女性から男性へ愛の告白をする日」とされていますが、実は海外では男性から女性にプレゼントするのが主流です。

 アメリカで起こったウーマン・リブ運動の影響が押し寄せた1958年、日本を代表する高級チョコレートメーカー、メリーチョコレートが伊勢丹デパートで行ったキャンペーンがきっかけ。

「女性から男性へチョコレートを贈ろう」との提唱が、瞬く間に日本社会に定着したのです。とはいえ、奥ゆかしさもまた日本女性の魅力ではありますよね。

 そんな気持ちを伝えやすいように、バレンタインデーが背中を押してくれます。あなたの胸に秘めた想いを特別なチョコレートに託して、大事な人に届けてみませんか?

| 本命の彼には何をあげよう?

 女性が最も想いを寄せる男性に贈る「本命チョコ」。恋愛感情はないけれど、日頃の感謝の気持ちとして贈る「義理チョコ」。

本命チョコと義理チョコ、どのように差をつけたらいいのでしょう?

  楽天リサーチが公表した最新のバレンタイン市場調査結果によると、今年のバレンタインに男性がもらいたいもの第1位は「市販のチョコレート」(79.2%)で、2位が「手作りのチョコレート」(39.3%)。「手作り=本命の証」という考えは既に古い認識といえそうな、驚きの結果となりました。

【チョコレートを贈る相手別の平均予算額】

本命チョコ=約2,000円
義理チョコ=約1,000円

  本命チョコの予算を3000円以上4000円未満と回答している女性も、全体の25%を占めていました。

  値段=愛情の深さではないですが、チョコレートの値段は、本命チョコと義理チョコを分ける1つの目安といえます。

 一流のチョコレート職人が作る極上のチョコレートは、高級感だけでなく“特別感”も演出。バレンタインデーに本命の彼に贈って喜ばれるのは、やはり本気度をアピールできる高級チョコレートでしょう!

| 本命にあげるなら、絶対スイスチョコレート!

Valentaine_Lindt_Chocolade_2351 「ミルクチョコレート」と「なめらかな口当たり」、共にスイスが生み出した技術や知恵の結晶です。

 世界初のミルクチョコレートは1875年、スイス人のダニエル・ペーター(Daniel Peter)氏が開発。油分の多いチョコレートと水分の多いミルクが混ざりにくく難航していたところ、ネスレ社の創業者アンリ・ネスレ(Henri Nestle)氏が作った練乳を使用、ようやくミルクチョコレートの製品化に成功したとか。Lindt_Maitre_Chocolatier_Creation-2

 さらに1879年、ロドルフ・リンツ(Rodolphe Lindt)氏がコンチェ(Conche)と呼ばれる精練装置を発明しました。カカオの粒子をより細かく撹拌しながら練り上げることで、従来のザラザラした砂のような食感から現在のなめらかな口当たりが実現。 まさにチョコレート界の革命でした。

 歴史が物語る信頼の美味しさを持つスイスチョコレート。本命の彼に贈れば、特別感をより一層高めてくれるはず。

| スイスで有名なチョコレートメーカー

Valentaine_Lindt_Ma_tre_PIEMONTE

 日本の約5倍ものチョコレート年間消費量を誇るスイスは、世界屈指のチョコレート大国です。実際、街を歩けば本当に多くのチョコレート専門店やパティスリーを目にします。その中から本命に贈るスイスチョコレートは、どんなものがよいでしょうか?

 数ある有名スイスチョコレートメーカーの中でも、リンツ&シュプルングリー(Lindt&Sprüngli、以下リンツ)が断然おすすめ。

その理由とは?

  • 創業1845年の長い歴史を誇る名門チョコレートメーカー
  • 「とろける口どけ」の生みの親として世界120ヶ国以上で人気
  • 厳しい基準を満たす最高品質の素材のみ使用
  • 高い技術と情熱を持った一流ショコラティエの存在
  • 抜群の知名度と信頼の美味しさ
  • 日本に直営店があり、オンラインショップなどで入手が容易

 世界中に多くのファンを持つリンツのチョコレートは、男女問わずプレゼントとして貰っても嬉しいものです。大切なあの人へ、あなたの想いと一緒にリンツの高級チョコレートを贈りましょう。

【リンツ&シュプルングリーの歴史】f_Wickelsaal_1900_wrapping_hall_1900-2 世界で最も知られるスイスのチョコレートブランド。スイス・チューリッヒ州(Zürich)のキルヒベルク(Kilchberg)に本社を置く、1845年創業の老舗。前身は、ダビド・シュプルングリー(David Sprüngli)氏と息子のルドルフ(Rudolf)氏がチューリッヒで営んでいた菓子店。製造・販売していた当時、チョコレートはまだキメが粗く口どけの悪いものだった。

 1879年、ベルン出身のロドルフ・リンツ氏が、従来の常識を覆す「なめらかな口当たり」を実現する新工法を開発、世界のチョコレート業界に衝撃を与える。約20年後の1898年、両氏がチューリッヒとベルンの中間地点、オルテン(Olten)で初遭遇。シュプルングリー社はリンツ氏のチョコレート店を上記の新工法と共に買収、現在の社名になる。


【おすすめ高級スイスチョコレート6選】

1. リンドールギフトボックス

 パリッとした外側の丸いシェルの中に、リンツ秘伝のなめらかなフィリングが詰めこまれた「リンドール(LINDOR)」。今年で生誕70周年、極上の口どけを約束するこのリンツの看板商品が、10種類80個入った豪華なギフトボックスです。

 ホールケーキサイズの大きな箱に色とりどりのリンドールがぎっしり詰まって、華やかで強い印象。チョコレート好きな彼へ本気度が伝わる、大本命のバレンタインギフトです。

 たくさん入っているので仲良く一緒に食べれば、美味しさも幸せな時間も共有できますね。愛らしいキャンディ型に個包装されているので、職場や友人へのばらまき用にも最適。

3. リンツ チョコレート&焼き菓子ギフト

 リンツの大人気商品、フィナンシェ4種類とリンドール7種類の詰め合わせ。チョコレートと焼き菓子を両方楽しめる、欲張りなギフトセットです。

 厳選された最高品質のチョコレートを贅沢に使用したフィナンシェは、ガトーショコラを思わせる濃厚な味わい。チョコレート専門店だからこそ実現できる、極上の美味しさです。高級感漂うパッケージは、本物志向の本命の彼にも好まれそう。

 フィナンシェは定番ショコラとナチュール、ショコラオランジュとショコラフランボワーズの4種類、リンドールは人気のフレーバー7種類をアソートしています。

4. リンツトリュフ ギフトボックス

Valentaine_Lindt_Trufflegiftbox

 リンツが誇る一流ショコラティエが、一つ一つ丹精を込めて作り上げた極上のトリュフ全8種16個入り。170年以上受け継がれてきた、伝統技術の集大成です。

 リンツ秘伝の製造プロセスと選び抜かれた高品質のカカオ豆が紡ぎ出す、香り高い贅沢な味わいとなめらかな口どけ。「食べる芸術品」と言っても過言ではない、格調高い一品です。ボックスに美しく並ぶ最高級のトリュフを一粒口に入れるたびに、満ち足りた至福のひとときが訪れることでしょう。

 アルコール入りなので、お酒好きな本命の彼へぴったりのバレンタインギフトになりそう。自分へのご褒美にもおすすめです。

Valentaine_Lindt_ribbongiftbox

5. リンドールリボンギフトボックス

 バレンタイン限定、ハート形の「リンドール ハート」とリンドールの人気フレーバー6種類を詰め込んだギフトボックス。思わず乙女心がくすぐられる、バレンタイン限定の可愛いパッケージです。

 華やかなリボンがなんとも愛らしく、贈る側も貰った側もきっと笑顔になれるはず。リンドールの魅惑の口どけで、老若男女問わず魅了されるに違いありません。

 本命の彼はもちろん、日頃の感謝の気持ちとして、親しい友人や家族へ贈っても喜ばれることでしょう。

 ※半量の8個入りギフトボックスもあります。自分用や、相手に気を遣わせないちょっとしたプレゼントにも最適。

Valentaine_Lindt_minipralines

6. ミニプラリネ ハート

 リンツのメートル・ショコラティエ(チョコレート職人)たちが高度な技術と深い愛情を持って作り出すプラリネチョコレートを、約半分、1粒2cmほどのミニサイズで完全再現。

 ハート形や星形など全9種類36個のミニプラリネの中にはアルコール入りもあり、小さく愛らしいフォルムながら美味しさと繊細さは本サイズと同等です。本命の彼がお酒好きなら、「嬉しい」「楽しい」「美味しい」と、ウキウキ気分になってくれるはず。

 ハートが散りばめられた真っ赤なバレンタイン限定パッケージは、まるで情熱的な恋心のよう。 箱を開けると宝石箱を思わせるビジュアルで、本命の彼を虜にしてしまいましょう。

| お得な特典やサービス

 一年に一度のバレンタインデー、ちょっと奮発して素敵なギフトを贈りたいものですね。どうせならキャンペーンを利用して、お得に購入できたら嬉しい、そんなあなたにとっておきの情報です。

 今なら楽天で購入するとこんな特典がついてきます。

| 最後に….

 「大切な人に想いを伝える」絶好のチャンス、バレンタインデーは目前。

 普段なかなか伝えられない愛情や感謝の気持ちを、高級チョコレートに代弁してもらいましょう。

 スイスチョコレートの代名詞とも言えるリンツなら、自信を持って渡すことができます。

 熟練のショコラティエが愛情を込めて丁寧に作り上げるチョコレートは、格別。リンツが世界に誇る究極のなめらかな口どけに、きっと彼も幸せを感じてくれるはず。

大切な人に贈るものだからこそ、特別なものを。

 今年のバレンタインデーには、愛する想いと共に、ぜひリンツの高級チョコレートを贈ってみてください。

▲ トップへ戻る


編集:Chika Bless, Yuko Kamata


コメントを投稿する