手に入れたい!今年の記念硬貨

Swissmint写真:スイスの野生動物シリーズ 鹿

 国家的な行事などを記念して、世界各国で発行される「記念硬貨」。スイスでは収集して楽しむだけでなく、出産祝いに記念コインセットを贈ることもあるそうです。先日、スイスの連邦造幣局(Swissmint)は、1月24日より新たに3種類の記念硬貨を発行すると発表しました。

スイス国立サーカス・クニー100周年記念 (Circus Knie)
 クニーの歴史は、フレドリック・クニー氏(Frédéric Knie)が同サーカスの基盤を創りあげた100年前にまで遡ります。1919年6月14日、ベルン州シュッツェンマッテ(Schützenmatte, Bern)にて、約3,000人収容可能な巨大テントで初めて大規模なサーカス興行をったのが始まり。銀製の記念硬貨には色彩が施され、同局初のカラー硬貨となります。額面は20フラン。 

② 蒸気船ブリュムリスアルプ号(Blümlisalp)
 1906年7月31日、トゥーン湖(Thunersee)から出港した処女航海では、その大きさ、性能、優雅さで周囲を驚かせた蒸気船、ブリュムリスアルプ号。初航海以来、人々は愛情を込めて「由緒ある女性(ehrwürdige Lady)」と呼んだとか。就航100周年を迎えた年の冬には改修が行われ、同湖に新たな景観を創出しています。記念硬貨は銀貨で、額面は20フラン。

③ スイスの野生動物シリーズ第1弾 鹿
 主に中央スイスとフォアアルペン(プレアルプス)地方に生息する鹿。その優美でしなやかな姿とエレガントなジャンプが、スイスで最も愛される野生動物として位置づけられているそうです。この鹿をモチーフにした硬貨は、「スイスの野生動物(Schweizer Waldtiere)」シリーズ全3部の第1弾として発行されます。記念硬貨には、アルミニウム青銅とニッケルのバイメタル貨が採用され、額面は10フラン。

 なお、3種類の記念硬貨は、1月24日より造幣局のオンラインショップ等で販売されています。どれもコレクターや愛好家の心をくすぐる魅力溢れるデザインばかり。いずれも数量限定なので、気になる方は早めにチェックしましょう。

 

 


コメントを投稿する