国民1人当たりのゴミ排出量は?

20190128_midori_news_232

 先日、欧州統計局(Eurostat)が公式サイト上で発表した「2017年度一般廃棄物排出量(国別排出割合)」の調査結果で、スイスは年間1人当たり706キロのゴミを排出していることが分かりました。

 調査対象となった加盟国38カ国中、ゴミの排出量が最も多い国はデンマーク(年間1人当たり781キロ)で、2位のノルウェー(748キロ)に続き、スイスは第3位にランクイン。

 欧州全体の平均ゴミ排出量を見ると、年間1人当たり486キロから487キロと前年より微増。また上位3カ国以外にキプロス、ドイツ、ルクセンブルグ、マルタがそれぞれ600キロ以上と、平均値を超える国は38カ国中11カ国でした。

 しかし、ゴミの排出量が多い国は、同時にリサイクルを積極的に行っている国でもあるようです。例えば、ドイツではリサイクル量は1人当たり311キロ、デンマーク213キロ、ノルウェーとスイスがそれぞれ216キロ、217キロとなっており、欧州の平均値(年間81キロ)を大きく上回っていることが、同調査で報告されています。

 スイス、デンマーク、オーストリアなどの国ではゴミを再利用するだけでなく、ゴミの堆肥化に向けた取り組みも活発に実施。特に北欧、オランダ、スイスは、廃棄物エネルギーの有効活用に早くから着目しており、欧州では先頭に立って廃棄物発電の普及を進めてい ます。

 ゴミの再利用や堆肥化、廃棄物発電による廃棄物削減の取り組み。どれも素晴らしいことですが、ゴミの排出量自体を減少するためには、私たち一人一人が普段の生活の中で「ゴミを減らす工夫」をしていくことも大切ですね。

 


コメントを投稿する