フィリップスのデイライト ( Philips Tageslichtlampe EnergyUp White )

20181210_naokois_tageslichtlampe_001_cut 長い冬が訪れるスイスでは、秋冬の日照時間が少ないため、大人も子どももビタミンDが不足しがち。

 ビタミンDが減る事で起こる症状の一つですが、朝の目覚めがすっきりせず、疲労感が残り、気分が落ち込んで鬱症状に悩まされる、という方々は少なくありません。

 そんなときにお勧めなのがデイライト。太陽光が気分の改善を補ってくれ、体を刺激して覚醒度を高めると言われています。

 毎日20~30分、10,000ルクスの光を浴びることで、その明るい白色光が疲労を軽減し、季節的な日照時間の問題による気分やエネルギーのトラブルを治療するとされる「光線療法」というアプローチで作られた製品です。ちなみに時間の経過で徐々に光度がかわっていきます。

 目覚めスッキリ感に一役買うこのデイライト、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
Philips Schweiz
https://www.philips.ch/c-p/HF3419_01/energyup-energylight (独)


コメントを投稿する