今年最も検索されたキーワードは?

20181222_midori_news_215

 今年も「2018年 Google検索ランキング」が発表されました。  

 スイスで最も検索されたキーワードは、今年ロシアで大いに盛り上がりを見せたワールドカップ(Weltmeisterschaft)。開催期間中の6月〜7月は、特に検索する人が多かったのだとか。  

 2位は今年4月に28歳という若さで亡くなった、スウェーデン出身DJのアヴィーチー(Avicii)。3位はテニスの四大国際大会の一つ、ウィンブルドン選手権(Wimbledon)でした。

 その他にも、トップ10入りを果たしたのは、今年5月に英王室ヘンリー王子(Prince Henry)と結婚したメーガン妃(Meghan Markle)、ブラック・フライデー(Black Friday)、ユーロビジョン(Eurovision)など。  

 今回、グーグルは初めてフランス語圏で「最も検索されたキーワード」を分析、その結果も発表しています。  

 フランス語圏で最も検索されたのは、ドイツ語圏と同じく、ワールドカップ(Coupe du monde)。2位はアヴィーチー、3位は毎年ニヨン(Nyon)で開催されている音楽イベント、パレオ・フェスティバル(Paléo Festival)。 そのほか、ウィンブルドン、今年1月に亡くなったフランス人歌手フランス・ギャル(France Gall)などがランクインしています。  

 今年はワールドカップやウィンブルドンなど、スポーツ関連の話題が注目を集めました。来年は、どのようなキーワードが並ぶのでしょうか。今から楽しみですね。

 


コメントを投稿する