恋人のスマホ、勝手に見る?!

20181125_midori_news_205

 調査会社ソトモ(Sotomo)は、恋人同士におけるスマートフォンの役割に関して調査、結果を発表しました。

 日刊紙「Le Nouvelliste」の報道によれば、今回の調査は、スイス国内に居住する15歳〜30歳の若者、2,611人を対象に実施されたとのこと。

 同調査によると、調査対象の28%の女性が、「これまでに他人のスマートフォンを勝手に見たことがある」と回答しました。男性は女性と比較すると少なく、13%でした。

 また、男性も女性も、許可なく勝手に閲覧した対象で最も多かったのはパートナーのスマートフォンで、その主な目的は浮気の証拠を見つけるためとのこと。

 さらに、調査対象全体の70%は、「パートナーのスマートフォンのPINコードを知っている」と回答。

 これに対し、心理学者のクラウス・ヘアー(Klaus Heer)氏は、「今日、PINコードをパートナーと共有することは、ほぼ義務となっている。共有しなければ、何か隠しごとがあると疑われてしまうからだ」と理由を説明しました。

 恋人間、夫婦間でPINコードを共有するのは、お互いに信頼し合っているからこそ出来ることですね。

 


コメントを投稿する