コバエの対策 ( Gegen kleine Fliege )

20181029_naokois_gegenkleinefliege_002_cut スイスは一年中が果物の美味しい季節。夏場は腐りやすい果物を冷蔵庫に保存することもありますが、基本的に果物は室内保存の方が甘く美味しくいただけます。

 しかし室温が暖かいとなおさら、甘い匂いに誘われてたかり始めるのが、2ミリくらいのコバエ達です。気がつくと果物に数匹とまっていたり、台所でちらほら飛んでいて、とても気になるもの。

 ある日、友人宅で黄金色の液体が入ったコップが台所の片隅にあるのを発見しました。それこそがスイス人のお義母様から伝授されたというコバエ対策のシロップ。

 コップに入っている液体はお酢と砂糖と台所用洗剤を混ぜたもので、甘酸っぱい匂いめがけて、気がつくとコバエ達が中に入っていきます。洗剤が入っているので、水に浮くことができずに生き絶えるのだそう。

 市販のコバエ駆除薬剤も売られているようですが、こちらのシロップは手軽に作れるうえ効果がきちんとあるのでお勧め。ただし、アイスティーのような見た目なため、間違って飲んでしまわないようにお気をつけください。コバエ対策の瓶はこれ、と、間違えないように溶液の入れ物を決めてしまうのも手です。

 スイスのおばあさんの知恵袋、ぜひ一度試してみませんか?


コメントを投稿する