カフェで健康相談が受けられる!?

20181005_shimoda_news_035

 「体の不調を感じるけれど、医者に行くほどでもない」というようなとき、気軽に相談できる場所があったらいいですよね。ルツェルン(Luzern)のとあるカフェでは、今月からそれが可能になりました。

 店の名前は、メリッサズ・キッチン(Melissa’s Kitchen)。ルツェルン駅から徒歩10分程度の距離にある、比較的新しいカフェです。ここで、毎月第1月曜日の14時半から17時までの間、専門家による相談が無料で受けられます。

 診断の確定や薬の処方箋は出ませんが、「医者に行くべきかどうか」の判断や、「医者から言われたことの補足説明」などは可能だということです。

 この「カフェ・メッド(Café Med)」と呼ばれる試みは、ルツェルンが初めてではありません。昨年から既にアルトドルフ(Altdorf)とチューリッヒ(Zürich)でも行われています。

 アルトドルフで担当したペーター・ヒルツェル(Peter Hirzel)さんは、元家庭医。「通常、医師はいそがしく、患者のすべての質問に答える時間がありません。そのコミュニケーションの隙間を埋めるのが目的です」と説明しています。

 相談を受け付ける医師は、1人ではなく、専門領域も様々です。例えば、次回(10月8日)チューリッヒで開かれる際の専門家の数は8人で、心理学、歯科、婦人科、内科、放射線科などと多岐に渡ります。

 今後の開催予定は、カフェ・メッドを企画しているスイスのNPO団体「アカデミー・メンシェンメディツィン(Die Akademie Menschenmedizin)」のサイトで確認できます。こうした試みが、他の町にも広がっていくことを期待したいですね。

 


コメントを投稿する