電車の混雑状況が分かるサービス登場

20180923_midori_news_178

 電車に乗った後、車両を移動して空いている席を探すことはありませんか。スイスでも通勤時間や夏休みなどの期間は、電車が混雑しており、空席を見つけるのが困難なことがあります。そのような問題を解決してくれる機能が、先日スイス連邦鉄道(SBB)より登場しました。

 今回発表された新サービスは、乗客が乗ろうとしている電車のどの車両が混んでいるかが分かるというもの。混んでいる車両を避けて席に座りたい場合は、サイトで空いている車両を確認すれば良いとのこと。

 現状では、SBBの公式サイト上でのみ利用可能となっていますが、近いうちに同社の提供するアプリ内でも利用出来るようになる予定です。

 新たに発表された画期的なサービスですが、実は、混雑状況のデータは、時間帯、天気、バカンス期間などの状況から予測されたデータを使用しており、リアルタイムの情報に基づいたものではありません。

 そのため、一部からは「車両の混雑状況に関する情報は、リアルタイムに収集されたデータでなければ意味がない」という批判の声も出ています。

 リアルタイムのデータでは無いにしろ、どの車両が混んでいるかすぐに把握できるのは便利かもしれませんね。

 


コメントを投稿する