自家製ラザニア、実は既製品?!

20180916_midori_news_175

 レストランのメニューに「手作り」、「自家製」などの言葉があったら、思わずどんな味か気になってしまいますよね。しかし、自家製と紹介されているにも関わらず、スーパーの既製品が出されたらどうでしょうか。  

 先日、ヴォー(Vaud)州イヴェルドン(Yverdon)にあるイタリアンレストラン「ビッグ・ピザ(Big Pizza)」が、同店のメニューに「自家製ラザニア」と記載していたにも関わらず、大手スーパーミグロ(Migros)で展開されている格安シリーズM-Budgetのラザニアを提供していたことが発覚し、ネット上で騒ぎとなっています。  

 客の1人が同レストランのカウンターの冷凍庫に同社のラザニアの容器が大量に入っていることに気付き、その写真をSNS上に掲載したことが、騒ぎの発端となりました。  

 今回の事態を受け、同レストランはFacebook上で騒動について謝罪。売上不足のため、冷凍ラザニアを利用せざるを得なかったことを認めました。さらに、同店でラザニアを最近注文した人に対しては、自家製ピザ1枚を無料で提供することも合わせて述べています。  

 また、価格については、M-Budgetのラザニアはスーパーで2.50フラン(約290円)で販売されているのに対し、レストランでは17フラン(約2,000円)で提供されていました。

 この件について、ガストロヴォー(GastroVaud)の会長、ジル・メイストル(Gilles Meystre)氏は、「このような単純な詐欺は罰せられるべきだ」と非難しました。

 レストランへ外食に行ったのに既製品が出てくるのはがっかりしてしまいますね。今後は美味しい自家製ラザニアを提供してくれることに期待したいところです。

 


コメントを投稿する