一度は行きたいスイスNo.1ホテル

20180831_kayoko_news_702

 当サイトでも何度か話題に上っているルツェルン(Luzern)の高級リゾートホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート・レイク・ルツェルン(Bürgenstock Resort Lake Lucerne )」が、フランスのレストランガイド「ゴー・ミヨ(Gault Millau)」の2019年のスイスベストホテルに選ばれました。

 同ホテルは1873年に建設され、チャールズ・チャップリン(Charles Chaplin)やオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)などの著名人も訪れた伝統的なホテルでした。しかし、昨年、3つ星~5つ星までの4つのホテル併せて383部屋とヘルスセンター、8つのレストランとバー、67のレジデンススイーツ、10,000㎡もの広さのスパを備えた総合リゾートホテルへと生まれ変わりました。

 同レストランガイドが特に評価したのは4つのレストラン。最も得点が高かったのが、20点中16点を獲得したフランス料理「リッツコフィエ(RitzCoffier)」、次いで15点のアジア料理「スパイスキッチン&テラス(Spices Kitchen & Terrace)」、14点の「オークグリル&プールパティオ(Oak Grill & Pool Patio)」、13点の「シャーク・オリエンタルレストラン(Sharq Oriental Restaurant)」。

 もちろんレストランだけでなく、「ルツェルン湖を見下ろし、アルプスの壮大な景色を望めるプールをはじめとする施設と、居心地の良い空間を演出するクルー達はまるでシンフォニーオーケストラのようにシンクロしている」と、ホテルを評価した著書を多く出版しているカール・ヴィルト(Karl Wild)氏は日刊紙(Tagesanzeiger)で称賛しています。

 ホテルのホームページを見るだけで素晴らしさが伝わってきます。記念日に是非訪れてみたいですね。


コメントを投稿する