アルコール違法販売、購入リスク増加

20180826_midori_news_166

 日本では、お酒・アルコール類の飲酒、購入は20歳以上と法律により定められています。スイスはと言うと、ビール、ワイン、シードルなどは16歳以上、蒸留酒などアルコール度数の高いものは18歳以上から認められています。

 ところが、法で定められた飲酒年齢に達していないにも関わらず、若者がアルコール飲料の購入が容易で、調査対象のアルコール販売数のうち29%は違法に販売されたものであることが、連邦税関局(Federal Customs Administration)によるアルコール購買調査(Achats tests d’alcool)により明らかとなりました。

 同調査によると、若者が違法に販売されるアルコール飲料の購入リスクが最も高まるのはイベントやお祭りで、開催期間中であれば44%高まり、バー(38%)やレストラン(31%)よりも危険性が増します。

 反対に、リスクが低いのはガソリンスタンド(13.7%)や、チェーンの店舗(24%)でした。

 また、購入者の年齢が高ければ高いほど、違法に販売されるケースが増えているほか、17歳の若者4人のうち1人が違法に購入していたことも今回の調査で分かりました。  

 イベントやお祭りの際は人数が多いこともあり、年齢確認を怠りがちですが、未成年者への不正アルコール飲料の提供と販売管理の徹底を図ってほしいですね。

 


コメントを投稿する