海外サイト購入品にVAT課税へ

20180819_midori_news_163

 海外で販売されているものを簡単に購入することが出来るネットショッピング。便利なものではありますが、今後、スイス在住の顧客は、海外サイトで購入したものに対し、付加価値税(VAT)を支払うことが義務付けられることになりました。

  「Le Matin」の報道によると、スイス連邦参事会(Swiss Federal Council)による今回の法改正は、海外ショッピングサイトの台頭による、スイスの国内企業の不利益を是正するためとのこと。なお、施行は来年1月からの予定。  

 対象となるのは、年間の総売上高が10万フラン(約1,100万円)を超えている海外企業。該当する場合は、たとえ少額の買い物でも、スイス在住の顧客へスイスの付加価値税が請求されます。その代わりとして、今後、税関に商品の輸入に対する税金が徴収されることは無くなります。  

 本来は、今年の1月から施行される予定でしたが、スイスの郵便局が技術上、実施までに時間が必要であったこと、さらに関連企業がシステム変更を実行できるよう、1年間延期されていました。  

 今回の法改正は、スイスの中小企業を、海外の競合企業から保護するためなのだとか。 今後、スイス企業を見直す良いきっかけになるかもしれませんね。

 


コメントを投稿する