スイスの公共交通機関は高くない?!

20180818_midori_news_162

 スイスの物価の高さは世界的に有名ですが、国内移動の際に利用する電車、バス、船などの公共交通機関の値段も高いのでしょうか。

 公共交通情報サービス(LITRA)と、スイス価格共同体(ch-direct)は、スイスを含めたヨーロッパ各国の公共交通機関の値段を調査し、比較した結果を公式サイト上にて先日発表しました。

 今回、調査対象となった国は、イタリア、ドイツ、フランス、オーストリア、オランダ、イギリス、そしてスイスの全7ヵ国。

 同団体によれば、スイスは、ヨーロッパの他国と比較して「交通網の緻密さとそのアクセシビリティ」や「優れた時間の正確性」などで高い評価を獲得。また、交通運賃に関しては平均価格と位置付けられました。

 以上のことから、同団体は「スイスの公共交通機関は、価格と質の関係において素晴らしくバランスが取れている」と結論付けています。

 しかしながら、この結果は全てのカテゴリーの乗客に当てはまるわけではありません。

 スイスでは、公共交通機関を頻繁に利用する人のために定期券が販売されており、価格は大変格安となっています。反対に定期券を利用しない人や、旅行者にとっての個々の移動は、比較的価格が高く、特に都市圏内、2都市間の移動にその傾向が見られるのだとか。

 また、今回調査対象となった7ヵ国全体において、2016年と比較し、わずかに価格の値上げが見られたとのこと。

 物価の高いスイスで、交通機関の値段が平均値だったのは少し意外かもしれません。「時間の正確性」などで評価されたのは、喜ばしいことですね。

 


コメントを投稿する