世界が注目!村全体がホテルに変わる

20180720_kayoko_news_685

 皆さんは、スイスで一番小さな村、コリッポ村(Corippo)をご存じですか。

 ティチーノ(Ticino)州ヴェルツァスカ渓谷(Valle Verzasca)にあるこの村は大自然に囲まれ、歴史的な石造りの建物が並ぶとても美しい場所。しかし、この村では年々過疎化が進んでおり、以前は300人だった人口も、現在ではなんと12人。

 そんな村を生き返らせようと始まったのが、村全体をホテルとして再生させるというプロジェクト。村を全く新しく作り変えるのではなく、建物はもちろん、既にあるインテリアなども利用して、趣のある観光地へと変貌を遂げつつあります。

 スイス通信(SDA)に語った情報によると、同プロジェクトを進めているコリッポ財団(Stiftung Corippo)の建築家ファビオ・ジャコマッツィ(Fabio Giacomazzi)氏が、村のレストランがホテルのレセプションの役割をし、広場はロビー、村の小道は廊下、家がゲストの部屋となるとか。ホテルは2019年夏オープンの予定。

 2020年には、近隣の7つの村と合併して、900人が住む新たな村になるというプロジェクトも進行中。昨年に同プロジェクトが発表されて以来、賞を受賞したり、多くの問い合わせがあったりと、世界からの注目も高まっているようです。生まれ変わる村の石造りの家、是非この機会に泊まってみたいですね。

 


コメントを投稿する