大規模工事開始、列車時刻にご注意を

20180714_midori_news_145

 この夏、スイスのフランス語圏へ旅行を計画されている方は列車の時刻に注意が必要かもしれません。  

 スイス連邦鉄道(SBB)は、先週土曜日から、大規模な工事を開始したことを発表しました。この工事により、今後7週間、ローザンヌ(Lausanne)~ピュイドゥー・シェーブル(Puidoux-Chexbres)間の電車の運行は完全に中断されます。  

 SBBの広報担当者、オタヴィア・マセリーニ(Ottavia Masserini)氏は「全て予定通りに進んでいる」とコメント。先週土曜日の早朝から、作業員により列車の架線を取り外す作業が行われました。  

 SBBの主要路線がこれほど長期間中断されるのは初めてのこと。期間は来月26日まで続きますが、毎日ベルン(Bern)~ローザンヌ間で約1万3千人もの乗客に影響が出ているとのこと。乗客は別のルートを通る電車を利用することになりますが、移動時間は最大40分延長されるのだとか。  

 混乱を避けるため、工事開始となった先週末は、主要駅に乗客をお手伝いするための案内係が配置されました。  

 また、今回の工事開始日程は、影響を少なくするため、ヴォー(Vaud)州とフリブール(Fribourg)州の学校の休暇期間と合わせて開始されたとのことです。  

 工事は来月末まで続きます。夏休みにフランス語圏で電車の移動を考えている方は、事前に確認し、時刻や移動時間などにご注意くださいね。

 


コメントを投稿する