HIV検査キット販売開始される

20180624_midori_news_137

 日本では、全国の医療機関や保健所等で受診することができる、エイズウイルス(HIV)検査。スイスでは、今月19日から、国内の薬局やドラッグストアにて、HIVセルフ検査キットが販売開始されました。  

 実は、これまでスイス国内で感染の可能性を検出する検査は、医療従事者など専門家にのみ許可されていました。しかし連邦公衆衛生局(OFSP)は、今回の認可に対して「すでに他の多くの国々では、自宅で行うセルフ検査を許可しているが、スイスもそれに並んだ」とコメント。

 HIVセルフ検査キットは、薬局やドラッグストア、その他にインターネットサイト上でも注文可能です。OFSPとスイスの医療品認可機関「Swissmedic」は偽造品を懸念しており、きちんとした専門店での購入を勧めています。  

 このキットセルフ検査を行ない陽性反応が検出され、HIV感染している疑いが持たれた場合、当事者は至急病院へ行き、その結果を専門家に確認してもらう必要があるとのこと。  

 また、OFSPは「このようなテストは、HIV感染を意識していない人のためである」と説明。スイスでは、HIV感染者の5人に1人は自身の感染に気が付いていないのだとか。  

 さらに、他国の前例によれば、普段検査をしようとしない人でもセルフ検査は受診するということが明らかとなっています。    

 専門機関での検査はハードルが高くても、自宅で検査が出来れば、より多くの人が検査を受けるようになるのではないでしょうか。

 

 


コメントを投稿する