スイスの郵便局、2年連続で世界一

20180602_kayoko_news_663

 国連の専門機関で、世界の国々の普遍的な郵便サービスを促進し、郵便物の増加やサービスの質の改善などを目的としている「万国郵便連合(UPU)」が、173ヶ国を対象に世界の郵便事業を評価した調査結果「Postal development report 2018」を発表しました。

 調査は、郵便物に対するデータや統計、アンケートをもとに、「信頼性」「国際郵便などを含むサービスのエリア」「金融サービスなどの多角化」「ビジネスモデルの順応性」の4つを柱に「郵便業務発展総合指数(Postal Development Index)」を算出し、評価しています。

 2年連続で1位となったのがスイスで総合点は100点、2位はオランダの93.7点、3位が日本で91.6点、4位ドイツ91.3点、5位フランス83.3点とヨーロッパ勢が上位にランクインしました。

 スイスの郵便局は、特に一人当たりの販売数が高く、「金融サービスなどの多角化」と「ビジネスモデルの順応性」で満点を獲得したことが高評価につながったと言います。

 荷物がなくなることもなく、日本のようにしっかり届けてくれるスイスの郵便局、納得の1位ですよね!?


コメントを投稿する