スイス鉄道が高評価された理由とは?

20180505_kayoko_news_660

 スイスでの列車の利用は、移動手段としてだけでなく、窓から見える名峰や氷河などの絶景を楽しむなど、スイス観光には欠かせません。なかでもスイス全土を網羅する国営のスイス連邦鉄道(SBB)は、スイス最大の鉄道会社なので利用されている方も多いと思います。

  先月、イギリスの列車の予約などを行う観光情報サイト「Loco2」がヨーロッパの主な鉄道16社を対象にしてランク付けしたThe Great Train Comparison」を発表。このランキングで同鉄道会社が見事、総合評価で第1位を獲得しました。

 同サイトでは「子供やファミリーが使い易いか」や「美味しい食事は提供されているか」などの12の項目の比較調査を実施。調査の結果で同鉄道会社が「家族連れ」・「体の不自由な乗客」・「サイクリスト」・「ウィンタースポーツ」の4項目で1位、続いて「食事」・「環境への配慮」・「カップルでの利用者」でも2位にランクイン、1位と2位を合わせて合計7項目を獲得しています。

 評価を行う上でポイントとなったのは、おもちゃや遊具などの子どもの遊び場のあるファミリー車両の設置や、自転車で気軽に旅ができる自転車のためのスペース、そしてスキー場への電車の好アクセスなどで、これらが高評価につながったとのこと。

 総評では「スイス連邦鉄道は、国境を越え国内外で運行しているが、どの路線でもいつも素晴らしいサービスを提供している。」とコメントされています。

  どんなシーンにでも対応している鉄道は、旅行の心強い味方。日本人にとっては、運行時間が正確なのもうれしいですね。夏休みを利用して、スイスで鉄道の旅をしてみませんか。


コメントを投稿する