ヨーロッパで最も高値、スイスのキャンプ場

20180424_shimoda_news_006

 春を通り越して、夏のような気候の日々が続いた先週のスイス。早速、自転車を出して、キャンプをしてと、アウトドアを楽しまれた方も多くいることでしょう。ただ、スイスでのキャンプ、今年もやはりお値段が張るようです。

 先週、ドイツの自動車クラブADACが、ヨーロッパ諸国のキャンプ場の値段を比較した調査結果を発表しました。

 同調査によると、スイスは堂々の一位。大人2人と10歳の子ども1人の家族が1泊のオートキャンプをする場合の値段は、46.78ユーロ(6,000)にものぼりました。

 昨今のスイスフランに対するユーロ高の影響で、ドイツから行く場合、昨年と比べると1ユーロ程安いとのことですが、それでも、ヨーロッパ諸国の平均(35.50ユーロ)と比べると、やはり高め。

 スイスに続くのは、イタリア(46.35ユーロ)、デンマーク(41.32ユーロ)、オランダ(40.94ユーロ)。スペインは39.94ユーロ、フランスは36.55ユーロと、平均より少し高めの結果。逆にお値打ちなのは、オーストリア(34.31ユーロ)、スウェーデン(31.11ユーロ)あたりです。

 そして、最も安いのはドイツの29.13ユーロ(3800)ADACは「スイスに行かなくても、ドイツにも美しい山々はある。地元でキャンプしよう」と呼びかけています。

 しかし、その一方でアルプスを始めとしたスイスの美しい景観がキャンパーに人気なのも事実。スイスの自動車クラブTCSによると、昨年のTCSのキャンプ場利用者は、2016年に比べて8%程増えていたそうです。

 値段は高いけれど、その分シャワーやトイレ等の共有施設が清潔に保たれているのがスイスのキャンプ場の良さでもあります。ホテルの宿泊と比べれば、少し節約できるかもしれません。今年の夏休み、みなさんはどこでキャンプしますか?

 


コメントを投稿する