人気のスイス企業ランキング発表!

20180406_midori_news_105

 様々な分野の市場調査を行っている企業GfK Suisseは、先日、国民に人気のあるスイス企業ランキング(die renommiertesten Unternehmen der Schweiz)を同社のプレスリリースにて発表しました。スイス人に選ばれた人気企業トップ5は以下の通りです。

 1位 ミグロ(Migros)

 2位 リコラ(Ricola)

 3位 リンツ&シュプルングリー(Lindt&Sprüngli)

 4位     ツヴァイフェル(Zweifel)

 5位  コープ(Coop)

 1位は、同ランキングで5年連続1位を獲得している大手スーパー、ミグロでした。また、リコラやリンツ&シュプルングリーなど、スイスを代表する大手食品会社も上位にランクインしています。

 5位以下に関しては、スイスポスト(Die Post)が、子会社ポストバス(Postauto)の会計不正スキャンダルが発覚した影響か、昨年よりランキングを5位下げて19位となりました。

 さらに、今年2月に80万人分の顧客データが流出したスイスコム(Swisscom)については、昨年より7位降下の20位となりました。

 また、GfKは今回のランキングに関して、調査対象の言語圏によっていくつかの違いが出ていることも指摘しています。

 例えば、ランキング7位まではドイツ語圏とフランス語圏において違いは見られないものの、8位〜10位は、ドイツ語圏ではゲベリット(Geberit)、 ライファイゼン(Raiffeisen)、ラ・モビリエール(La Mobilière)と続き、フランス語圏ではスイスコム、スイスポスト、マノール(Manor)となっているとのこと。

 消費者にとって身近なスーパーや食品会社が上位にランクインするのは納得ですね。言語圏によって違いが見られるのはスイスの特徴の一つと言えるのではないでしょうか。

 


コメントを投稿する