ゴミ捨てのため国境越える?!

20180405_midori_news_104

 みなさんもご存知の通り、スイスとフランスは国境を接しており、車で簡単に行き来することが可能です。

 スイスまたはフランスへ仕事や買い物へ簡単に行けるという利点がある一方で、最近、スイス人が国境を越えてフランスまで行き、家庭ゴミを放棄するという問題が多く発生していると、地元紙「ル・マタン(Le Matin)」は伝えています。

 報道によると、ゴミの放棄が行われているのは、スイス国境に位置するフランス東部フランシュ・コンテ地方(Franche-Comté)。2017年だけで、10トン近くもの家庭ゴミがスイス人により捨てられたとのこと。

 さらに、昨年、140人余りのスイス人が、ゴミを運んでいるところ、もしくは不法投棄しているところをフランス側の税関職員に呼び止められ、150ユーロ(約2万円)の罰金刑を科せられました。

 このような現象の主な理由は、フランス国境近くのスイスの州が、ゴミ袋に税金を課しているため、多くのスイス人は支払い額を減らすため、隣国までわざわざゴミを捨てに来ているのだとか。

 ゴミ袋に課せられている税金が高いとは言え、ゴミを隣国へ放棄とは悲しいですね。今後、このような事例が減少していくことを願います。

 


コメントを投稿する