電車内お喋り禁止ゾーン ( Quiet zone )

20180113_HA_quiet_cut スイスの国鉄ともいえるSBB(Schweizerische Bundesbahnen)。乗車ゾーンに1等席と2等席があるのは知られていますが、その1等車の中には特別な車両があります。

 「クワイエット・ゾーン(Quiet zone)」と名付けられた一部の1等車両では、なんと一切のおしゃべりが禁止。

 また、電話で話すことも、音楽がイヤホンから音漏れすることも禁止!と、かなり厳しめですが、電車で静かに過ごしたい人だけが乗る車両なので、静かでゆったりとした空気が流れています。

 先日ここに乗車していたところ、クワイエット・ゾーンだと知らない乗客が乗り込んできておしゃべりを始めました。すると、すぐ別の乗客である年配の女性がマナー違反の乗客へ注意をしに行きました。別の日には電話でおしゃべりを始めた乗客を、鉄道職員が注意して別の車両に退出を促していたことも。

 乗客自身やSBB職員の方の努力もあって、クワイエット・ゾーンはいつも静かな環境が保たれています。

 このような車両があるかと思えば、2等車では2階席に子どもが遊べるすべり台など遊具付きの車両があったり、電車内で食事ができるビストロ車両があったり、自転車置き場が多い車両があったりと、いろいろな乗客がそれぞれ快適に過ごせるような仕組みが面白いです。

 その時の状況や気分に合わせて、SBB特別車両の使い分けしてみてはいかがですか。

 

 


コメントを投稿する