SBBアプリにクレーム機能登場

20180322_midori_news_093

 先日、スイス連邦鉄道(SBB)の広報は、今月中旬からSBBモバイルのアプリ上で、クレーム出来る機能を新しく導入したと、同鉄道会社の公式サイトで発表しました。

 このクレーム機能とは、乗客が列車内のトイレの故障、座席のクッションの破損、券売機や時刻掲示板などの故障に気が付いたら、スマートフォンのSBBモバイルアプリを使い、直接指摘出来るようになります。

 昨年6月から車内の故障や破損について乗客がクレーム出来るよう、「リペア・アンド・クリーン(Repair and Clean)」という機能をアプリ内に試験的な導入を実施。その結果、同機能が乗客に大変好評だったため、今月から本格的に導入することとなりました。

 故障に気が付いても、わざわざ駅員まで伝えに行くことは、ときによっては面倒に感じることもあるかもしれません。

     今後、この機能を使えば、気軽に指摘することが出来るようになります。乗客にとって、同機能の導入で、列車がより快適なものになるのではないでしょうか。

 

 


コメントを投稿する